FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

各種イベントが中止で寂しい春

当地はプチパニック状態から脱出できつつありますが、それでも、ガソリン不足や食料品、日用品不足は深刻です。
スーパーやドラッグストアは開店直後から休日の昼間並みのにぎわいです。
多分、開店前から並んでいる方もいるんでしょう。
それでも、被災したわけでもないのに買占めはどうなの?というような意識が出てきたことや、店側が一度に大量に買わないように制限をするなどし始めて、何となく震災直後より落ち着いてきました。
被災地にも物資がなかなか届いていないということで、まずはガソリン不足を何とかしてほしいなと思います。
我が家も今日でガソリンが底をつき、明日からは電車通勤になりそうです。
今週初めから、近隣のガソリンスタンドはどこも長蛇の列か閉店で補給をあきらめました。
まずは、被災地に優先的に使ってもらうのが先ですしね。
幸い、JRの最寄線が平常運転に戻ったので電車通勤ができそうです。
関西の方は多分何事ももないように日常を送っていらっしゃると思いますが、それでもスポーツイベントなどが中止になって、寂しい思いをなさっていらっしゃる方も多いでしょう。

昨日、テレビを見ていたら、プロ野球パリーグは楽天の本拠地仙台が被災したため、開幕を延期するそうですが、セリーグはどうするかで意見が割れたそうです。
選手会からは、交通事情やナイターで多大な電力を使うのは今の状況からはばかられるので延期した方がよいという、私から見るとしごく真っ当な意見が出されたそうです。
しかし、その意見は聞き入れられず結局予定どおり開幕することになったということでした。
テレビニュースでは、決めたことはやった方がいい、やりたくないなら勝手にすればいいというようなことを、何故か知らないけれど憮然として怒った表情で語っている、業界のドンみたいな人の映像が出ていました。
スポーツにより励まされる人もいるという考え方もあると思いますが、今月中の全試合をいち早く中止として、今月予定されていた国際Aマッチもやめ、その代わり今月末にチャリティマッチをすると発表したJリーグとの明らかな違いを感じました。
見識の違いという感じもします。
私はプロ野球もJリーグもそれほど詳しくないので、テレビなどで見た印象を書いているだけです。

イベントの中止といえば、いい席がとれたので楽しみにしていた20日のコンサートも5月に延期になりました。チェロの独奏コンサートで私の好きな曲がいくつか演目にあったので、こんなときこそいい音楽を聴いて気持ちを穏やかにしたいなあと思っていたので残念です。
でも、延期は劇場のホームページを見て知ったのですが、そういう情報が取れない人は劇場まで行ってから延期を知ることになるんだろうか。
主催者からは何も連絡がありませんから。
今や、ネットは必須アイテムなのですね。
フィギアの世界選手権も中止になり、他にもいろいろ影響が出ています。
それだけ、今回の震災は広範囲に渡っていて大きかったのだと思います。
被災地の方々に早く物資がいき渡るようになることを切に祈ります。

[管理人注]この記事を書いた翌日、コンサート延期のはがきが届きました。チケットはそのまま使用できること、払い戻しも受け付けることなどが書かれていました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する