FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

震災後10日雑感

                           バラとフリージア
震災から1週間がたった先週金曜日、「この1週間長かったなー」と夫がしみじみ言ったので、そうだね、そう言われてみると長かったかなーと思いました。
そういえば、真夏以外いつも花を絶やしたことのない自宅玄関も桜の枝が無造作に一本あるだけだなあと思い、行きつけのお花やさんで色とりどりの花を買ってきました。
こんなふうに花を飾ることさえ、すごく幸せなことなんだとつくづく思います。

連休の間停電がなくなり一息つきましたが、直接被災していない首都圏に住む私たちも、かつて経験したことのない事態がこの10日間続いています。
私の携帯の緊急地震速報が何十回となく鳴り、余震を知らせてくれましたが、こんなこともほとんどなかったことです。
停電などはほとんど経験がなかったことだし、スーパーの棚から物が消えるなんて経験もしたことがありません。
米、パン、卵、牛乳、豆腐製品、はては焼き海苔、おせんべいやお菓子、ビールまでが棚から消えたのを見て、本当にびっくりしました。 
ガソリン不足も深刻です。
勉強会の仲間の社労士が「ガソリン難民の〇〇です」なんてメールをくれたりして、笑ってしまいました。
我が家ではガソリンが底をついた先週、通りかかったスタンドが開いていて、1時間半並び何とか20リットル補給できましたが、電車も通常運転になったということもあり、今日からしばらくガソリン事情が落ち着くまでマイカー通勤を自粛することにしました。
義捐金を送ったり、ボランティアに行ったりと、目に見える支援ばかりではなく、節電、節ガソリン、むやみと買いだめしないなども間接的な被災地支援になると思うので、できる限り実行していこうと思っています。

節電のため、街が暗くなりました。
駅やスーパーなども昼間は不要な電気を消しているので、以前にくらべるととても暗いです。
我が家も自分のいる部屋以外は消すことを徹底しているので、夜になると玄関や廊下の電気をつけっ放しにしていた以前に比べすっかり暗くなりました。
遠い昔の戦時中のスローガン、「欲しがりません。勝つまでは」が「欲しがりません。復興するまでは」となったということでしょうか。
原発のことも心配だし、まだまだ予断を許さない状況が続きそうです。
とりあえず、目の前のやるべきことをやっていくことだと思っています。というわけで、これから事務所の掃除でもやろうと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する