FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

プロパガンダの恐ろしさ

今日は朝一番で関与先に出かけ、お客様との話の中で出た疑問点を事務所に帰ってから調べ、午後一番で別の用事で関与先所轄の労働基準監督署へ行き、用事を済ませた後、先ほどの疑問点について解消できる労働局作成のパンフレットをもらいに、同じビルの労働局へ行き・・・と、私にしては珍しく1日外出してしまいました。
帰ってきてから、あれこれ用事を済ませて、休憩がてらこの間から気になっていた孫正義氏の自由報道協会主催の講演会のネット配信されている動画をみました。
孫氏は、この度の震災でいち早く100億円の寄付を申し出ていて、その後も自分に何ができるかを考え続けていらして、この度、脱原発のための自然エネルギー開発のための財団を設立する構想を発表されました。

それについて、既存のメディアの記者クラブなどに属さない主としてフリーのジャーナリストで作る自由報道協会が主催して孫氏の構想について聞き、質疑応答などをした模様が配信されていてネットで見ることができます。
そこで語られているのは、世界の中での原発建設の流れ、原発と太陽エネルギーのコスト、などについて、私たちはあまり真実を知らなかったなあという点です。
原発はコストが安くて安全でクリーンなエネルギーということになっていますが、今や、太陽光発電のコストがどんどん下がり、そのコストが逆転していること、「エネルギー白書」などでは、電気を得るためのコストについて原発が非常に安く書かれているけれど、それは事実とはちょっと違うことなどが語られます。

私たちが日頃から聞かされていたことはやはりある種のプロパガンダだったんだろうか。
私たちは自分たちで考え、決定する自由をもっているようでいて、実は持っていないんだろうか。もう、ずっと前から私が疑問に思っていることが、ここでも出てきて、なるほどなと思いました。孫氏のように圧倒的な財力と事業家としての成功を収めた人だからこそこういう話ができるのかなというような内容で、動画はなかなか面白かったです。
こういう動画を自由に見ることができて、少なくとも10年前よりはずっと情報を得ることができるようにはなっています。
後は、自分の情報リテラシーを高めて取捨選択していくことだと思いますが、これがなかなか難しいです。
結局は、自分で考え自分で決めるくせをつけておかないと、自分の「眼力」というのは育たないんだろうなと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する