FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

広報紙編集の季節です

私は、社労士会支部の広報紙の編集長として2年間支部の広報紙の編集に携わりました。
今年度からは、編集長兼広報部長として、一会員という立場から支部の理事という立場に変わり、今後2年間、広報紙の編集を続けていくことになっています。
幸い、今年度新しく広報部の理事として入ったお二人の方が、意欲も能力もある方なので、随分楽に作業が進んでいます。
以前は、ほとんど一人でやっていたことも、お二人に振り分けてやっていただいているので、楽といえば楽なのですが、何をやるにもある程度みんなの意見を確認する作業があるので、そういう点、一人で何でも決められた状態とどっちがいいかなと思うときもあります。

皆さんは私と全く違う視点を持っているので、なるほど、そういう見方もあるかと感心したりすることもあり、広報紙の作成という点では多分非常によいのだろうと思います。
一人がずっとやっていると早晩マンネリに陥るとも思いますし、「私一人状態」が2年で終わったことは喜ばしいことと思います。
意思確認には、もっぱらメールを使います。
皆さん、それぞれ反応が早いので仕事がやりやすいです。
メンバーとは部員になってもらった女性会員を除けば、今まで、あまりお話したこともありませんでした。
一番最初の編集会議で会って、その後懇親会で居酒屋さんに行き飲みながらいろいろお話をして、前職のことなどもお聞きして、ある程度お人柄などを理解することができました。

全く人柄などがわからないと、メールのやりとりも難しくなるのですが、今では、メールで冗談も書けるような関係になりました。
メールは実際に会って話すのとは違うから誤解も生まれやすいとよく言われますが、私は、ある程度相手の人柄を理解した上で書くぶんには、コミュニケーションツールとしてとても有効だと思っています。
何よりも早いですし、安価ですし、広報部ではしょっちゅうメールのやりとりをして、様々なことを解決しています。
私も、部長としていろいろ皆さんにお願いしたり、最終的に決断をしたり、総合的なマネージャーというような立場になっていていろいろと勉強になります。

今日も、あるページの編集をお願いしていたメンバーからレイアウトしたイメージのファイルが届きました。
私も自分の担当しているところの編集作業、そろそろとりかからないと、でも、まだ原稿が届いていない。おや、お一人の方については締切日過ぎてるじゃないとあわてて督促メールを出しました。
原稿を書いてくださいとお願いしなくても、「原稿書かせてください」と会員の皆さんから言われるような広報紙にしたいという「野望」は、当分達成されそうもありません。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する