FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

ホワイトカラー・エグゼンプションの行方

政府は「ホワイトカラー・エグゼンプション」の法案提出を見送ることにしたそうです。国民の理解が得られていないと判断したとのことです。


この法案が出てきた時から的確な日本語もないような法案ってどうなんだろうと思っていました。過去記事でも取り上げましたが、(参照)ごり押し提出することがなくなって個人的にはよかったと思います。ただ、経営者側は人件費抑制のためにどうしても実現したいと思っているようですので、今後参院選後にまたよみがえってくるかもしれません。


年功序列型の賃金形態がくずれ、成果主義型になっていると言われますが、これを機会に労働と賃金のあるべき姿などを国民的な議論として深めてほしいと思います。

社労士の試験勉強を始めた頃、労働法、社会保険法という法律関係のみならず、労働経済、人事、労務管理まで試験範囲だと知って驚いたことがあります。私の頭の中では、人事・労務管理などは一朝一夕にできるものではなく、経験も含めてかなりの見識が必要な分野の仕事と考えていましたから。


実際、社労士の中でもそれを専門になさっている方というのは少ないようで、むしろ社労士以外のコンサルタント会社がやっていたりすることが多いようです。(統計があるわけではなく、あくまでも私の個人的感覚です)


それでも、社労士として最低限の知識は必要だと少しづつ勉強をしていますが、正直言って難しいし、苦手意識もあります。


まず、「成果主義」そのものが私にはわからないことも多いです。金融市場のディーラーなどのように数字にしっかり表れる仕事なら、利益に見合った報酬を設定するのは容易でしょう。労使ともに納得もいくのでしょう。特に外資系の場合など個人主義が徹底しているようで、個人に対する評価はそう難しいことではないようです。


そのような評価がしにくい業種の場合は「成果主義」を実際にどのように実行しているのでしょうか。日本の会社の場合、課全体とか、チーム全体で動くことが多く、個別に仕事の成果を評価するのはいろいろな意味で難しいのではないでしょうか。


まず、誰がどのような基準で評価するのかという問題があると思います。日本の私のイメージする「会社」ですが、チームワークを乱す人を嫌います。すごく仕事ができても上司との折り合いが悪くて出世できないというような話はよく耳にします。「サラリーマンは結局人間関係をうまくやれる奴が勝ちだから」などと言う人もいます。


そんな会社だったら能力の高い人がさっさと効率的に仕事を終えて帰ってしまったら、「あいつは自己中心的だ」という評価をもらってしまうかもしれません。そのためだらだらと居残りに付き合うなんてこともあるかもしれません。現状の制度ですと居残った分は残業代としてもらえる(サービス残業などなければ)ので多少報われることになります。


本当の意味でしっかりとした評価ができるのなら、(それをどうしたらよいかは私には全然わかりません)「成果主義」は能力のある人ほど納得のいく制度だと思います。能力の劣る(あくまでも会社の仕事という狭い範囲の能力)人は、社内で辛い立場に追い込まれることになるでしょう。結果を求めて長時間働くことになるかもしれません。


社員の中で給料、勤務時間(能力のある人ほど効率的に仕事ができる)などにどんどん差がつくという会社が果たして社員が生き生きと働ける会社なのでしょうか。


私は年功序列がいい制度とは思っていません。むしろその会社に長くいたから必ず貢献度が高いという考え方は少しおかしいと思います。でも、それに変わる制度として「成果主義」しかないのかなあと疑問に思っています。


「ホワイトカラー・エグゼンプション」が「残業代0」という面ばかりが強調されていますが、「労働の質と賃金の正しい関係」とか「年功序列と成果主義しか賃金を図る材料がないのか」というところにも目を向けて、議論が深まるといいなと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する