FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

気がつけばもう秋の気配

秋に講師を引き受けている講座の資料作りに夢中になっている間に、気がつけば秋の気配を感じるようになりました。
空の青さが何とはなしに真夏の猛暑の頃とは違って見える。心なしか空が高く感じる。昼間は暑いけれど、サウナ状態だった猛暑の頃とは明らかに違う。日が短くなった。朝晩の風が涼しく感じられる。夜、虫の声が聞こえる。
と、まあ、秋ですねぇと言いたくなるようなことをたくさん感じています。
8月の前半は急ぎの就業規則を片付け、後半は前述の資料づくりに追われ、土、日も事務所へ出ていました。
週末は自宅で1週間分の掃除をしなくてはいけないので、土、日は半日ぐらい仕事をしていたという状況ですが、とうとう、夏物バーゲンセールも行き損なった、たまたま、夫も仕事が忙しかったこともあり夏休みもとり損なったなどと思いを巡らせています。
それでも、どうにか今月中に片付けたいと思っていた資料づくりも大詰めを迎え、予定どおり今月中には終わりそうです。

結婚、育児などでいったん職場を離れた後、再就職を目指す女性に労働・社会保険、年金について、お話するという講座で、1回2時間、2回にわたってお話することが予定されています。
資料を自前で作るとなると結構範囲が広く大変ですが、自分の言葉で語りたいと思うと、どうしても自前の資料が必要だと思い、資料づくりに着手したものです。
今、私の机の上は様々な書籍、行政のHPからダウンロードした資料、昔、受験生だった頃もらった資料までが山積みとなっています。
それらをとっかえひっかえひっくり返して自分の知識と情報を整理して、ほとんど知識のない人が読んでわかりやすい資料を作るという、私にとっては壮大なチャレンジです。
対象は、多分30代、40代の方だろうと思うので、省くところは省き、図表などもたくさん作りました。
必要な情報は過不足なく伝えるということで、何とかA430枚までに納めたいと思っていましたが、比較的若い方が対象なので、字を小さめにして26、7枚で納まりそうです。やれやれと思っています。

思えば、社労士になってから労働法関係に興味を持ち、就業規則中心に仕事をしてきたため、労働・社会保険関係はかなりおろそかだったなあと思います。
法律も改正部分があるし、ある程度知識としてはあっても人様にお話するレベルとなるには、自分も相当理解を深めなければなりません。
年金についても、その年代の女性は「離婚による年金分割」など興味があると思うので、当然お話したいと思いますが、平成19年4月施行と平成20年施行の離婚の年金分割の違いについてなど、開業したての頃かなり勉強していたつもりなのにすっかり忘れていました。
でも、その頃、いつでも説明できるようにと自分なりにまとめた資料が残っていたので、これが結構役立ったりして、過去の私の勉強に今の私が助けられています。
勉強したことは無駄にはならないなあとつくづく思います。

これから、出来上がった資料をさらに吟味して間違いがないかチェックし、どうお話をするか構想を練るという段階に入りますが、この仕事は、もしかしたら私にとって天の恵みかなとも思います。
おろそかになりがちだった労働・社会保険について総復習ができ、年金についても理解を深めることができる。
神様、ありがとうございます。夏休みはとれなかったけれど、私は楽しく仕事をしています。
今、私は、そんな心境です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する