FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

増税するならビジョンを示してほしい。

政府は復興のために法人税、所得税、たばこ税、住民税を増税する案を決めたと報道されています。
復興のためにお金がいるのはわかるし、そのために税金を払うのは仕方がないとも思います。でも、今のやり方では、「黙って金だけ出せばいいんだよ」と言われているようで、はなはだ面白くないですね。
復興のための大きなグランドデザインといいますか、ビジョンを示して、従って、これだけのお金が必要なので増税しますと言ってくれないと、先払いしたのはいいけれど品物はちゃんと届くのかなあといった気分になります。

増税内容も現役世代にしわ寄せがいきそうなものばかりだし、消費税、相続税あたりはどうなるのかなと私にはわからないことが多いです。
最近、除染ということがよく言われますが、この除染だって完璧にやろうとすれば相当な資金が必要でしょうし、除染した後の放射性物質が付着した土とかはどう始末するのかさえよくわかりません。
最近、首都圏でも償却したごみの灰の放射性レベルが高くなっていて置き場に困っているということも報道されています。
震災復興といってもやることはたくさんあるし、「復興」という言葉だけではなくきちんと整理することが必要だと思います。
とりあえず増税してお金を集めるだけ集めようというのではなく、きちんとやるべきことをリストアップして何にどれだけお金がかかるか試算して、かつ優先順位をつけるなんてことは、何かをやろうとするときに誰でもすることではないかと思いますが、それすら示さないのはどうなってんのと思うしかありません。

それにしても愛煙家は次から次としぼりとられますね。
私も家族もタバコを吸う人はいないのであまり切実ではありませんが、何かというとすぐタバコ税が出てくるので何となく気の毒になってしまいます。
煙で迷惑かけてるんだし、健康のための節煙につながればいいんではないかという見方もあるかもしれませんが、政府の態度が安易な感じがして部外者の私からみてもあまりいい感じではないです。
復興のための増税というのなら、まず復興の大きなビジョンを示してほしいと思うのは私だけなのか、そんな声はあまり聞こえてきません。
残念だなと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する