FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

自主研究会の例会「派遣受け入れ期間後の雇用申し込み」

昨日紹介した自主研究会で勉強したことを、今日も引き続き書きます。


質問の内容は派遣期間の制限のない業種(参照)で3年を超えて同じ派遣労働者を受け容れている業務に、新入社員を配属した場合、その派遣労働者に雇用の申し込みをしなければいけないのかというものです。


派遣法では、一定の業種以外は同一の業務に同一の労働者を3年までしか派遣することはできません。これを超える場合当該労働者が希望する場合は雇用契約の申し込みをしなければならないという規定があります。


また、上記質問のように派遣制限期間がない業種でも3年を超えた場合、もし同一の業種に新たに人を雇い入れようとする場合は、当該派遣労働者に優先的に雇用の申し込みをする義務があります。


ここでいう「新たに」とは既に雇い入れられている労働者の異動については含まれません。質問のように新入社員の場合は、配属先を決めずに採用して、研修期間の間に適性を見極め配属先が決まるという場合が通例ですから、派遣労働者と同じ業務に配属したとしても「新たに雇い入れた」ことにはならないので、申し込みの義務はないというのが回答です。


但し、最初から派遣労働者の部署に配属先が決まっていて採用した場合に、形式的に他の部署へいったん配属して、「異動」ということで派遣労働者と同じ業務を行わせる場合には、脱法行為とみなされ、当然雇用申し込みの義務が生ずるとのことです。


派遣法は新しい法律でもあり、ちょっとごちゃごちゃしてわかりにくい面もありますね。私もあまり深く勉強していないので、上記質問にはすぐには答えられませんでした。


実務の現場では派遣労働者というのは、かなり多く存在しますし、経営者側もわからないことが多いので、相談を受けることが多いようです。


裏話的なことなのですが、雇用申し込み義務があるけれど実は雇用したくないという場合には、雇用条件をかなり低くして(派遣の方が賃金が高いぐらいに)労働者側から断るように仕向けるなどの「手」が使われるようです。中小企業は経済的に厳しいところが多いですから、とにかく人件費を安く抑えたいのです。


労働者側としては、納得がいかない場合は泣き寝入りせずに労働相談センターなどにご相談ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは

社労士を開業するとほんとうに様々な勉強会がいいですね。
とっても羨ましいです。

今は一に勉強、二に勉強です。
このブログで鈴木さんが勉強されたことを書き込んでくださってるのでとても助かっています。

これからもよろしくお願いします。
しかし、派遣法は難しい・・・




卯年 | URL | 2007年01月24日(Wed)15:19 [EDIT]


卯年さん
こんにちわ。

今勉強なさっていることは、開業してからきっと役にたちますよ。
あまり大きな声では言えませんが、年配の社労士の方などは経験は豊富でも、新しい知識はあたしの方が上だなあなんて思うこともあります。
経験がものを言う世界ではありますが、常に最新の知識と情報を身につけるようにお互いに頑張りましょう。

おばさん社労士 | URL | 2007年01月24日(Wed)15:44 [EDIT]