FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

無駄になった保険料はいくら?

先週の土曜日は支部恒例の新入会員歓迎会があり、それに先立ち行われた支部理事会の議事録作成の当番、新入会員歓迎会の模様を取材してのインフォメーションサイト用の広報誌の作成と、支部関係の仕事が山積みで日曜日の昨日も1日パソコンと睨めっこしていました。
私は個人事業主なので労基法は関係なく、思えば開業してから休日もあれこれ事務所へ出ることが多いです。
そんなわけで、ブログの更新もすっかり遅くなってしまいました。
今日は、午後から事務所から車で7~8分の隣接する市の市役所に年金・労務相談で2時間詰めていました。
この市役所はいつも相談者が少ないのですが、今日もお一人だけでした。

守秘義務がありますからあまり書けませんが、年金の受給資格期間が足りない方のご相談でした。何とかできるとよいのですが、一度は年金相談センターで履歴を調べてもらっているので、それが正しければ受給資格期間がかなり足りません。
それでも180月余り約15年の納付済み期間があるのです。
そのうち厚生年金部分も10年以上あります。
国民年金部分の滞納が痛いのですが、それなりの事情がありお気の毒だなと思うと心が沈みます。
このままもらえないで終わると、15年の支払われた保険料は全て無駄になってしまうのですね。
こういうケースは結構あるんだろうかと考えてしまいました。
25年間の期間を満たすというのは結構大変なことなのですね。
1月でも足りないと1円も受け取れないのですから、仕方ないとはいえ厳しいなと思います。

資格期間を10年にする案などが出ているようですが、早くそれが決まってこういう方たちが救われるといいなと思います。
めがねを取って涙をぬぐわれるような動作もなさり、私も何だか泣きたくなってしまいました。
こういうご相談はちょっと辛いです。
というわけで、今日はこの辺で失礼します。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する