FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

クリスマスは思い出の中に

クリスマスの花2011  
昨日、思い立ってクリスマスの花のアレンジを作ろうと、いきつけのお花やさんで小さなヒバの枝と赤いミニバ ラ、雪に見立てた白いクジャク草を買いました。
   
今年は大震災があり、被災していなくても年賀状さえ遠慮するという話もあります。
私も震災を忘れないようにしなくちゃと、例年よりだいぶ地 味目にしました。
 
写真の左下にサンタさん、右下にスノーマンがいます。
後ろのヒバの木には金のトナカイや星が飾って あるので すが・・・。

 
  

子供たちが独立して夫婦二人の生活になって早5年、クリスマスのイベントも遠い思い出の中のものになりました。
朝から買い物に走り、ご馳走を作ったこと、プレゼントを早めに買って、押入れの奥深く隠したこと。 クリスマスツリーを飾り付けていた、子供たちの小さな手の可愛かったこと。
いつ思い出しても心がほっこりと暖かくなります。
思い出はホントに心の財産だなと思います。
大人になった子供たちとはなんだかんだと月に一回ぐらいは集まって食事したり飲み会をしたりして、親子というより親友という感じです。
子供が独立して夫婦だけになって寂しいという人がいますが、私は一度も寂しいと思ったことはありません。何かあれば、お互いに支えあえる関係だと確信しているし、子育ての最終目標は独立した社会人を作ることといつも思っていましたから。むしろ、うれしいです。

昨日、今年の漢字が「絆」と発表されましたが、絆って簡単に作れるものではないと私は思います。
今、この時を大切に一生懸命生きていくことにより、自然と回りの人との間にできあがっていくものだと思います。人は見てないようで見ていますから。
玄関に飾ったクリスマスのお花を見ながら、今を大切に、自分のできることを一生懸命やつて生きていかなくてはとあらためて思いました。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

きれいですね

派手ではないけれど、きれいですね。

絆…この漢字は昨年以前から強調されるシーンがありましたが、今年は特別ですね。
でも、この漢字をことさら強調しないと、いつの間にか崩れてしまう(被災地を忘れてしまう)危険をはらんでいる。
そんな気がしてなりません。

ひますけ | URL | 2011年12月13日(Tue)18:06 [EDIT]


ひますけさん

いつも駄文をお読みいただきありがとうございます。
「忘れないこと」それが一番大切なのではないでしょうか。

「忘れちゃいけないこと」「忘れた方がいいこと」「何故かすぐ忘れること」「忘れたいのに忘れられないこと」生きてると、いろいろありますね。

おばさん社労士 | URL | 2011年12月14日(Wed)10:34 [EDIT]