FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

今年ももうすぐ終わりだなと思う

年賀状の図柄を考え印刷したり名簿を整理したりしていると、毎年のことながら、今年ももうすぐ終わりだなと思います。
当ブログでは昨日まで236件の記事をエントリーしました。
今年もどうにか続けてこられました。
読者の皆様のお陰です。厚く御礼申し上げます。
9月にまる5周年を迎えてからは、「土、日、祝日以外毎日更新」という縛りを除くことにしたため、ごくたまに更新できない日もありました。
無理して駄文を書くよりはいいと思ってそうすることにしました。
だからと言って、書いてるものが全て駄文ではないと言い切れるか、というとそうでもないなあとも思います。
今年も、読者の方から私宛直接個別のご相談を何件か受けました。
当ブログに管理者のみの閲覧を許すという方法、又は、リンクしている当事務所のHPから出せる事務所宛の問い合わせメールを使っていただきました。
お答えだきる範囲で答えさせていただいておりますが、皆様がその後お元気で過ごしていらっしゃるかふと気になることがあります。
多分、お元気でご活躍していらっしゃるだろうと信じています。
今年は、何といっても東日本大震災、それにつきると思います。

当ブログでも3月11日を境にがらっと記事内容が変わり、私も随分いろいろなことを考えさせられました。
最近、節電はどうなっちゃったんだろうと思うほど、街にイルミネーションがあふれ、デパートもしっかり暖房されています。
真冬に大停電でも起きたら我が家は暖房について何も備えがないなあと、暮れには電気を使わないアナログな石油ストーブと灯油を買っておこうかと思案中です。
もちろん、エネルギー問題、原発のことなど、今まで知らなかったことについていろいろ本などを読みました。
私が当事務所のHPで書いている言葉「知るということは選択肢を広げること」というのがあるのですが、これを機会にみんながいろいろ知ってエネルギー問題について考え、選択していけるようになるといいなと思います。

一番感じたのは、「日本の弱点は原発だった」ということでしょうか。
北朝鮮情勢が今後どうなるかわかりませんが、やぶれかぶれで日本海側のたくさんある原発が狙われたらなんて考えるだけで恐ろしいです。
だから、今は考えないようにしようと思っています。
というわけで、今日は、勉強会の仲間との今年最後の忘年会(家族を除く)です。
気のおけない仲間といろいろ語り合って今年を締めくくりたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する