FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

原発0をチャンスとしてほしい。

今年の4月下旬から定期検査による停止等で稼動する原発がゼロになるそうです。
火力発電に頼るための費用等で電力値上げをせざるを得ず、産業界には大きな痛手だと報道されています。
東京電力などは資産の処分や経営の合理化などをしてからやれと、ブーイングが起きていますが、法律上は阻止することは難しいということも報道されています。
電力をたくさん使う企業は節電に知恵をしぼらなくてはならず、確かに大変だろうなとは思いますが、原発0でも何とかなっちゃいましたとかなると面白いのにと私は思っています。
東京電力の電力使用量のお知らせには、昨年同時期から比べての節電率が出るようになりましたが、我が家では一時15~20%節電できていました。
さすがに、最近は寒さのせいで5~10%に落ちましたが、暮らし方で随分節電できるんだと我ながら感心しました。

事務所ではエアコンと別に補助暖房としてガスファンヒーターを使っていますが、安い上に暖房効果も高く結構重宝しています。
今までの電気使い過ぎ生活を改め、暮らし方を考える良いチャンスだったと結果的には思っています。
原発はひとたび事故になったら取り返しがつかない。
一度そのようにインプットされた私の思考回路は、政治家たちのように簡単には「脱原発は、やっぱりまずいね」とはいきません。
原発の稼動が0になるということをいい機会と捉えて、本当に0だったらだめなのかはたまた大丈夫なのか、しっかり確認してみたいと思っています。

企業にとっても、太陽発電などの代替エネルギーの業界は勢いづいていると言いますし、チャンスと捉える向きもあるようで、だめだ、だめだばかりではなく、いい方向に展開していってほしいなと思います。
今日は、いつもより短めですが、私もいろいろありまして、この辺で失礼致します。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する