FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

お客様のご要望にファイトが湧く

当地は穏やかな日和が続き、日も長くなり春の足音がひたひたと聞こえてきそうな毎日です。
さて、「就業規則請負人」としての私の次なる仕事のお問合わせは、今まで手がけたことのない業種です。
ある方のご紹介をいただき、昨日、若い社長とお会いしてきました。
守秘義務があるので、これ以上書くことは控えますが、私にとって是非やってみたいと思った仕事です。
昨日は初回の無料相談という位置づけですので、事務所に帰ってから見積書を作成して、お客様のご希望によりメールにて送信しました。
お会いしたときに出た現在その社長が疑問に思っていらっしゃる労務管理についての解説なども、ファイルを作成していっしょに添付しました。
いつものことながら、見積書の作成には悩みましたが、今回は私としては儲けは度外視してもやりたいと思っています。

お客様のご要望が「高卒の従業員が多いので、あまり複雑な文章などを読んだことのない人でも読みやすくよくわかる就業規則にしてください」というものでした。
このご要望に、私は今風に言うと萌えました。
難しいことを難しく書くのは簡単、簡単なことを簡単に書くのも簡単、簡単なことを難しく書くのも意外と簡単、しかし、難しいことを簡単に書くのは非常に難しいです。
難しいことの中身を完全に理解していなければ、平易な言葉に直すこともできませんし、まして、複雑な文章をほとんど読まない人でも読みやすくするということは、かなり高度なテクニックが必要ではないかと思います。

私の手許には様々な就業規則があります。書籍等から仕入れたもの、依頼を受けて作成したもの、駆け出しの頃、他の社労士の仕事を手伝って見直しをした就業規則。
もちろん、「わかりにくい法律条文みたいなものは見たくもないから、できるだけわかりやすくしてね」というご依頼は以前にも受けたことがあります。
しかし、今般のように「あまり複雑な文章を読んだことのない人」が読むことを前提としたということはありません。
私にとっては新しいチャレンジ。わくわくします。

そんなわけでかなり安くお見積もり。
当事務所は当分儲かりそうもありません。でも、楽しい気分です。
就業規則のご依頼は自分の一番やりたいことですから、いつもうれしいのですが、とりわけ今回は自分が楽しいと思える仕事に行き当りました。ファイト!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する