FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

原発再稼動是とするなら根拠を示してほしい

このところ、政府が原発再稼動に向けて大きく舵をきったようで、昨日は仙谷政調会長代行が「原発を一切動かさなければある意味日本が集団自殺するようなもの」と言ったと報道されました。
おや、おや、このようなヒステリックな発言が出るということは政府も必死なのでしょう。
日本列島付近は確実に地殻が動き出していて、原発を推進していた当時とは事情が変わっています。大飯原発の再稼動の安全性については保安院さえ疑問を呈しているのに、何でそんなに急ぐのかなというのが素朴な疑問です。
電力が足りなくなるというデータも政府が一方的に示しているだけで、隠れた電力があるとの説もあります。

福島原発事故以来、冷遇されながらも原発の危険性を訴え続けた科学者が脚光を浴びて、本などがたくさんでています。
私もいくつかの本を読みましたが、なるほどと思う内容で原発の危険性について説得力があると思いました。
それに対して再稼動を推進する政治家たちの科学的根拠に基づいた反論はありません。
前述のような感情的な話ではなく、客観的な科学的根拠による反論をしてこそ、国民も考える材料になると思うのですが、今の状態では一部政治家のごり押しに見えてしまいます。

「次に巨大地震がきて第二の原発事故が起きたら日本はおしまいだ」と感じている人は多いと思います。私もその一人ですが、それは漠然とした不安感でもあり、はっきりと根拠があるわけではありません。しかし、地震学者の人たちがかなりの確立でまた地震が起きると言っているのですし、もともと地震大国日本に原発はなじまないというのは福島の事故で理解できたはずです。
美しい故郷を追われ帰りたくても帰れない人たちがたくさんいる。10代の本当だったら夢多き時代の少女が、「私はもう結婚もできないし子供も産めない」と本気で心配するような悲惨な状況は、もう起きてほしくありません。
大飯原発付近でははるか昔大津波があったとする古文書があるそうです。その真偽はまだまだわからないそうですが、再稼動が安全に行えるというのなら、科学的根拠をつまびらかにしてからやっていただきたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する