FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

手続業務をどんどんやってよと言われて・・・

昨年、5周年を機に土、日、祝日以外毎日更新という縛りをやめ、時間のないときには更新をしないという方針に転換しましたが、最近、どうも木曜日に休んでしまうことが多いです。
月に一度の社労士会支部の理事会、例会と所属する研究会の例会がいずれも木曜日の午後開催されるため、どうしても午前中はその準備とか、午後時間がなくなるためにやっておかなくてはいけないことなどを片付けるためです。
今日も、午後一番から支部の理事会があり、その後総会があり、懇親会がありと、やり始めた仕事に何とか目途をつけておかなくてはと思っているのですが、いつも木曜日に更新しないというのも何となく落ち着かない気分になるので、今日は管理ページに向かっています。
昨日、若い頃から懇意にしているある女性税理士さんの事務所におじゃましたのですが、標題はその方に言われた言葉です。
その方は親族に社労士がいるので、今まで仕事を紹介していただいたことはないのですが、先月、初めてある会社の就業規則作成についてご紹介いただいたため、納品が終わったのでご報告と御礼に伺ったのです。

「うちのお客さんで手続業務求めてるお客さんいるんだけど、豊子さん、結構アカデミックなところがあるから、どうかなと思って今まで声かけなかったんだけど」
と言われて、
「あたしは手続業務は基本的にやらないんですよ。給料計算とか引き合いは時々あるんだけど、ほとんどお断りしちゃうんですよ」
と答えると、やっぱりねというお顔でしたが、
「でも、やってくださいよ。そんなに大変じゃないでしょ。そのあたりの仕事しないと事務所経営としては厳しいでしょ」
などと税理士さんらしいお言葉などもあり、ひとしきりそんなお話をしてきました。

確かに、就業規則請負人という仕事の仕方は収入に波があるし、なかなか厳しいですが、何よりも自分が楽しく仕事ができるし、定型的な手続き業務に比べてずっとクリエイティブだと私自身は感じているので、やはり、今のままでいこうと思っています。
何よりも、大雑把で細かいところに目がいかない私には向いていないという苦手意識もあります。でも、先日新規適用手続を終えてみて、慣れれば何とかなるのかなという気持ちになったことも確かです。
さて、今や開業6年目に入った私ですが、頑固に初志貫徹するぞと思いつつ、ちょこっと横道にそれてもいいのかなと、ほんの少し考えたりもしたのでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

2012年04月19日(Thu) 11:15