FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

便利な道具を便利に使う

以前過去記事に書いたフレックスタイム制を提案した会社(過去記事参照)に就業規則を無事納品して、必要な労使協定書も締結してもらい、今日、36協定書も届出代行を無事済ませました。
お客様のご希望で今後も労務管理コンサルタントとして関与させていただくことになったのですが、関与することになれば、労働時間管理などはおろそかにはできません。
フレックスタイム制について説明書を作り、社長と社員さんに説明をさせていただきました。フレックスタイム制の場合、1日、1週間ではなく、清算期間(大抵の場合賃金計算期間と同じ)という大枠で労働時間管理をすればよいので、楽といえば楽ですが、個人から法人になって間がなくそういうことにうとい会社ですから、何とか管理を簡単にできるようにしてあげようと、エクセルで出勤簿のフォームを作ってみました。

仕事を始めた時刻と終了した時刻と、取得した休憩時間を入力すれば、その日の労働時間が出て、同時に清算期間の累積総労働時間も出て、労使協定で決めた清算期間の限度時間の残りも出てくるという、我ながらよくできたフォームができました。
というようり、エクセルが非常に優れたソフトだということだと思うのですが、労働時間管理などにはとても便利に使えるなあと感心してしまいます。
私の場合、就業規則の紙ベースはもちろんですが、同時に就業規則、規則にでてくる各種契約書、保証書、届出書等、必要があればこのような出勤簿等、全てCDに電子データを入れて紙ベースといっしょにお客様に納品します。

今日、36協定書の控をお届けにあがったついでに、CDを確認していただいて出勤簿についても社長にご説明をして、理解していただきました。
社長がパソコンが得意な方なので、話がスムーズで楽です。
早速使ってみていただくことになり、来月20日の清算期間が終了した頃にまたお伺いして検討することになりました。
便利なものを便利に使う、当たり前ですが仕事には大事なことだなと思いました。
使いこなせるかどうかも日頃からの「鍛錬?」ですが、私の場合、ワードは相当に習熟しているという自信がありますがエクセルはまだまだです。
外野の人(夫)はエクセルで仕事をしているような人なので、とても得意ですからいつも教えてもらっていて、これも「便利なもの?を便利に使う」ことだと感じております。ハイ。
社労士仲間に助けてもらうときもあるし、いろいろな人に助けていただきながら社労士としての道を進んでいることに感謝でございます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する