FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

これから新卒を雇いたいと言われて・・・

昨年、就業規則を作成した会社から、そのときはパートタイマーは雇わないからと言っていたのに、急に雇うことになったからと、追加でパート用の就業規則を頼まれ、それを仕上げて昨日変更届を出しました。
この労働基準監督署の窓口にはいつも社労士会の同じ支部の人が誰かしらいて、世間話などをちょこっとして帰ってきます。
やれやれ、これで請求書が出せると、請求書を作り、お客様に連絡して納品も済ますことができました。
その際に、「うちも、今まで中途採用ばかりでしたが、今後新卒の採用も考えようかという話になったんですが、先生に作っていただいた就業規則で直すところありますか?」
と聞かれ、確か、昨年作ったときは新卒の採用はないとはっきり言ってたのにと思いつつ、私はなるべくコロコロ直さないで済む就業規則を作っているはずと、あちらが出してきてくれた、昨年、私が納めた就業規則のファイルを拝見しました。

条文を見ながら思い出しましたが、新卒は雇わないが、将来的にはわからないと言われ、採用内定についての条文を作り、「ただし、会社が認めた場合は、内定を省き採用決定の通知を行う」と即戦力の中途採用にも対応できる、我ながらよくできた条文にしたのでした。
もちろん、採用内定取消事由の条文もあるし、身元保証、試用期間についての条文もあります。
というわけで、「大丈夫です! この規則で直す必要ありません」と、言ってあげました。良かった。この会社は方針がコロコロ変わるので、私としてはちょっと信頼できない面もあり、顧問契約は結んでいませんが、何かというと相談ごとをもちかけてくるので、その都度、私としては誠実に対応させていただいています。

急に方針を変えたのは何故ですか?
と、お尋ねすると、「結局、うちみたいに条件の悪い会社は中途といっても、それなりの人材しか来ないので、いろいろ問題がありまして、それなら、いっそ新卒を一から育てた方がいいのかなという話になりまして」とおっしゃいます。
社員さんが高齢の方が多く入れ替わりを考える時期でもあるとのことでした。その他、いろいろお話しましたが、後はここでは控えます。
私が感じたのは、条件が悪いから人材が集まらないということだったら、条件を良くすればよいのですよね。
給料がだめなら、休みを増やす、福利厚生面を工夫する、抽象的ですけど、職場を明るく楽しくする、子ども何人産んでもずっと働いてくださいとアピールする、結局はお金なのかなとも思いますが、考える余地は結構あるのではないかなと思います。
震災の被災県の人を雇ったときの助成金などもあったはず。
さて、何か有益な情報を見つけてお知らせしてあげないといけないなと思いつつ帰って来たのでした



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する