FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

メダルの陰のドラマを楽しむ日々も終わり

以前は毎日殺人だの強盗だのストーカーだのと事件報道がありましたが、オリンピック期間中はそんなものは何もないかのごとくに、メダル獲得のニュースばかりです。
私はスポーツ中継が好きなのでそれなりに楽しめました。
メダルはたくさん獲ったけど、金メダルはなかなか獲れないねーと思っていたら、最終日の昨日、ボクシングとレスリングで二人の男子選手が金メダルを獲得しました。
ボクシングの村田選手の「メダルの陰のドラマ」は、すぐにでも漫画やドラマになりそうで、「いいね」と思いました。

身体も大きい方でやんちゃだった中学生時代にボクシングを覚え、力任せにやっていたが、高校で出会った恩師に本格的な指導を受け、ボクシングが好きになり、一生懸命練習に打ち込むようになった。大学進学後、前回の北京五輪を目指すも代表になれず挫折感を味わう。
その後結婚して子宝にも恵まれるが、高校時代の恩師が50歳の若さで急逝。
家族のためにロンドンオリンピックを目指そうとする彼は、試合前、いつも恩師に向かって「行ってきます」と言う。
彼の心の中には、いつも恩師の残した座右の銘「努力は報われないことがあるが、努力しないと報われない」がある。
そして、不断の努力の末に僅差で金メダルを獲得。
そのまま、漫画とかにありそうな話だなーと感心しています。

恩師の言葉は実に良いですね。
人生では、努力しても報われない場合は結構多い。だからと言って、努力しない限り報われることは絶対にない。努力した人間だけがわずかな報われるチャンスを得ることができる。報われないとしても努力したことは必ず何かをもたらすと、その先生は思っていたんだろうなと思います。
と、そんなことに感動しているうちにオリンピックは終わり、世間ではお盆休みです。
当地では、残暑が厳しいですが心なしか朝晩の風が秋の気配を感じさせてくれます。
「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」
そんな歌が思い浮かんできます。
私もぼやぼやしてないで、努力! 勉強! と掛け声をかけてみるのでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する