FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

うつ病って何でなるんだろうと考える

関与先からうつ病になった社員の休職について相談したいと連絡があり、先日、経営者とお話してきました。
その会社は2年前に全面的に就業規則の見直しをしたときからのご縁です。
ちょうど、高年齢者雇用促進法の改正や労働契約法の改正についてのご説明もあったので、こちらからも訪問したいと思っていたところでした。
休職規定については、見直しをしたときに私がしっかり作っていますから(のつもり)、就業規則の不備はないはずと考えていますが、最近、言われている「リハビリ勤務」までは当時考えていなくて、入れてませんでした。
今となっては、そういう規定も必要かなと思います。
就業規則の規定にのっとり粛々とやっていただけばいいのですが、会社としてのリスクは確かにあります。
「休職」そのものが法律に規定がなく、会社の裁量が大きいですし、復職できず退職したときにトラブルになりやすいということもあります。

その会社は、遵法意識が強く社員にも優しい会社ですが、そういう会社でもうつ病になる社員が出るんだなと、世の中のうつ病の多さを感じました。
規定では、休職期間が終わり復職できなかったときは自動的に退職になるとなっていますが、退職した後に不当解雇や社内のいじめ・嫌がらせが原因だと主張する事例もあり、会社としては原因などを把握しておく必要があります。
守秘義務がありますからこれ以上は控えますが、帰ってきてから、なぜうつ病になるんだろうと考えてしまいました。

厚生労働省では、昨年、精神障害による労災認定基準を見直して発表しています。(
参照)
これを見ると、人はこういうことで心理的負荷がかかるんだなというのがよくわかります。
業務に関係することとしては、仕事上の重大なミス、会社で起きた事件、事故の責任を問われた、自分の関係する仕事での多額の損失、業務に関しての違法行為の強要、達成困難なノルマが課された、ノルマの未達成、顧客からの無理な注文等等、様々なことが挙げられていて、負荷の度合いが3段階で評価されます。
対人関係では、ひどいいじめや嫌がらせなどは負荷の度合いが一番高くなっています。

では、業務以外ではどういうことがあるのかと見てみると、離婚、病気、配偶者、子どもなどの家族の死亡、病気、多額の財産損失、天災、人災、騒音等住環境の悪化、友人等に裏切られた、親しい友人の死亡などが比較的負荷が高くなっています。
人生の中で一つや二つぐらいは経験することばかりだと思いますが、これらが重なった時がやはり総合的に負荷が大きくなりますから、危ないということになるでしょうか。
私の拙い経験からすると、悪いことって案外重なることが多いです。
そんなもんだと淡々と受け容れることができるかどうかなのかなとも思いますが、何故うつ病になるのかがわかれば、みんな苦労しませんよね。
会社においては、できる限りリスクは排除するということになるでしょうか。
そういう意味では、この基準はとても参考になると思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する