FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

新年賀詞交歓会で社労士会のはじまり

昨日は、所属する社労士会の支部での新年賀詞交歓会があり、私も例年どおり参加しました。というより、私は理事として支部の運営に携わっているので、どちらかというと主催者側になります。
というわけで、60名余りの会員の参加者の受付をしたりと「お仕事」がありました。
「ドタキャンキング」とでもいうべき何かというとドタキャンする会員が、やはりドタキャンしたり、一人だけ連絡がなく来なかった会員がいたりしましたが、無事お務めを果たしました。
その他にご来賓が18名もいらして、いつもながらにぎやかな宴となったのでした。
興味深かったのは、いつも秘書をよこしていた地元の衆議院議員が全員ご本人がみえたことです。選挙が終わっても今後に向けてとにかく印象をよくしておこうということなのかなと思いましたが、議員各氏が各テーブルを回って丁寧にご挨拶されていたのも珍しい光景でした。

政治家の皆さんは何かとお忙しいらしく、時間どおりみえたのは今年初当選した新人議員さんだけでしたが、地元市長も見えて、宴半ばで皆様おそろいになってそれぞれ壇上でスピーチされました。
すでに乾杯が終わり、会員が飲食しながら和気藹々とおしゃべりを始めた時間帯にスピーチをするわけですから、これは結構きついと思います。
それでも、政治家の方々は皆さん声が大きくはっきりしゃべる方が多いし、会員の中にも興味をもっている人もいるので、静かに聞き入るというわけにはいきませんでしたが、それなりにお話を拝聴することができました。

乾杯に先立ち、給仕役のホテルの従業員さんが飲み物を各テーブルに配っているときに、私の席のそばで「事件?」がありました。
ちょうどご来賓のご紹介をしていたときで、私は支部広報誌にご来賓の写真を掲載することになっているため、お顔を一生懸命見ていたためわからなかったのですが、いきなり、冷たい水?がかすかに私にはねました。
洋服の袖のあたりが少しぬれて、あらっと思い、たまたま席を外していて空席となっていた隣席をみると、床が水びたしになり、床に置いていた私のかばんやおみやげのお菓子の紙袋も少しぬれています。
見ていた人の話によると、給仕さんがビールびんを持ってテーブルに置こうとしたときに、手から滑り落ちて床に落としたということでした。
「水」ではなくビールだったわけです。
平謝りのホテルの方々、上司っぽい方もみえて、お菓子を新しいものととりかえてくれました。
大した被害ではなかったので、いいんですよと私もにっこりとしていたのです。

今年も私のまわりにはビールがあふれる年になる予感が・・・?。
いつもながら、楽しくにぎやかな交歓会でした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する