FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

契約書にサインしても無効の場合がある

「契約」という行為は双方が合意すれば、「契約自由の原則」によりどんな契約でもOKというのが原則ですが、法令に違反していたり、社会的倫理観に照らして不当な契約は無効とされます。
例えば、殺人依頼契約などは、約束した金額を支払わないとしても殺人そのものが違法行為ですから、それを前提とした契約は無効です。
妻ある男性が愛人契約を結んだが、約束した「愛人手当」を支払わないと訴えたとしても、多分受け付けてもらえないでしょう。
労働契約においても、いくら署名捺印しても違法な部分は無効となります。
労働者側が労働法を知らない場合が多いので、違法と気づかず使用者の不当な言い分に従ってしまう場合があるようです。
配信してもらっているメルマガに、アルバイトで2か月勤務して辞めることを申し出たが、1か月前に申し出ない限り、給料は支払わないと契約書にあり、本人がサインしているのだから、給料は払わないと言われた労働者の相談が出ていました。

これなどは労働者側の無知につけこんだ悪質な例だと思います。
まず、労働契約をして働いた分の賃金を支払わないのは違法です。労働契約とは労働者が労務を提供して使用者がそれに見合った対価を支払う契約ですから、働いているのに賃金を支払わないとしたら、民法上は債務不履行です。
また、労働基準法では給料は全額を通貨で直接本人に支払う(24条)という規定があり、給料を支払わないのは違法です。
さらに、期間の定めのない雇用契約においては、労働者側が退職を申し出てから2週間すれば、民法上は契約が終了します。(627条)
1か月前に言わないとやめさせないと強硬に主張することも法律上はできません。

というわけで、そういう違法な内容の契約書にサインしたとしてもそれは法律的には無効です。堂々と今までの賃金を請求して受け取ってからやめましょう。使用者側が支払わない場合は事業所最寄の労働基準監督署に相談してください。
労働基準法違反に対しては、労働基準監督署はすぐに対応してくれるはずです。
このような事例をきくと、高校、大学などで労働基準法を是非教えてほしいなーと思うのでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する