FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

朝からサッカーに一喜一憂

3点とったのに負けちゃうなんてねーと朝からサッカーに釘付けとなりました。
私はサッカーはルールはわかるけれど、戦術だのフォーメーションだのと言われると怪しくなります。それでも、サッカーどころの「浦和人」としては、サッカーには大いなる興味を持っています。
というわけで、今日は朝からコンフェデ杯日本対イタリア戦をテレビ観戦してから出勤です。
相手は中2日、こちらは3日での試合、しかも平均年齢がイタリアは高いということで勝機はありそうと言われていたとおりの展開で、2点先制したときにはワクワクしたんですけれど、悔しいですね。あっという間に追いつかれた2点はちょっと不運な感じもしましたが、その後自分たちの時間帯がきたときに点が入らなかったのが大きかったねーと、夫と話しながらの出勤です。

サッカーでは自分たちのチャンスを何度も作りながら点が入れられないチームは、だいたい、相手に流れがいって点をとられます。
強いチームほどワンチャンスをものにしてあっという間に点を入れる。ワンチャンスをものにできるかどうかはサッカーの質の違いなのでその差は大きい。今回もそんな印象がありました。
何となく名前負けして縮こまっているように見えたブラジル戦に比べたらずっとよかったのに、やっぱりディフェンスをもっと強くしないとだめなのかね、勝ちにいくサッカーができないよねーと、それほどサッカー通というわけではないオジ・オバ2人組が勝手にしゃべります。
そんな楽しさを与えてくれるのもサッカーに限らずスポーツの良さでしょうか。
汗びっしょりで疲れ果てているように見えた選手たちに、確実に前に進んでる、負けないでこれからも頑張ってと言いたい朝でした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する