FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

全ては消費税にかかっている社会保障改革

以前過去記事にした社会保障制度国民会議の最終報告が発表されました。(過去記事参照)
過去記事にも書きましたが、負担を現役世代だけではなく余裕のある高齢者にも求めるという総論に合わせて、いろいろと各論が出ています。
高齢者世代に配慮して多少遠慮がちかなとも思いますが、今まで切り崩せなかったところにようやく切り込んでいくのかなという各論ですが、いずれも消費税の増税が行われない限りできないようで、年金法の改正もそうですが、消費税の値上げ待ちということのようです。

我が国の消費税は先進諸国に比べると安いということですし、まだ上げ幅があるようですから、それを頼みに社会保障改革をするのはよいと思いますが、すべてを社会保障に回すのかそのあたりも不透明な部分があり、どうなるんだろうと思います。
税金からもってくるばかりではなく、高齢世代も今以上に負担するという考え方になっていかないと、特に、介護保険などは増える一方でたちいかなくなるのは時間の問題なのではないかと思います。
そうは言っても私も40歳以上ですから介護保険料払っていますが、自分は元気で一切恩恵を受けていないので保険料だけ支払うという感じですから、高いなあと思います。いざというときの保険なのだからしかたないとは思いますが、夫婦二人分となると結構な額です。
やはり保険料負担だけではなく、実際に給付を受ける人の負担を増やしてもらわないと無理なんだろうなと思います。

多分、様々な社会保障について少しずつそのように給付を受ける側の負担を増やしていけば、相当違ってくるのではないかなと思います。
少しずつみんなで分かち合い、かつ負担能力のある人には少し余分に負担してもらう、そんなところでしょうか。一律に何もかもするというのではなく、能力に応じての負担という部分を今まで以上にきっちりとやっていく、そんなところから地道に見直していってほしいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして。半分同業者です。

 将来世代に負担を押し付けるのは心苦しいので賛成です。

 ただ、発言力の違いからか、尻すぼみになりそうな気がします。(老年者控除や公的年金等控除の見直しの時も、基礎年金の国庫負担引き上げとバーターみたいな感じですし)

 僕の住んでいる市でも未だに、国保料の軽減判定の際に、65歳以上の公的年金等の所得については、所得から更に15万円を差し引いて基準としています。

 こういうのを見ると既得権の強さを感じます。

 

伊藤行政書士・社会保険労務士・FP | URL | 2013年08月11日(Sun)00:27 [EDIT]


既得権を崩すのは難しいですね

伊藤様
コメントありがとうございます。

今日、テレビで国民一人あたりの借金が800万円と言って
いました。
生まれたときから800万円もの借金を背負わされるなんて
大変ですね。

年金所得についても、年金だけで生活している方はやはり
大変ですから、年金の他にも収入のある余裕のある方々
により多くの負担をお願いするのがよいと思います。
年齢に関係なく、余裕のある方々はその余裕を少しでも
社会全体のために使っていただければと思います。

おばさん社労士 | URL | 2013年08月11日(Sun)14:40 [EDIT]


800万ですめば良いのですが。

 国作成の財務書類には引当金がありませんからね^^;
 
 企業会計原則で求められているような処理をすれば負債は2倍近くになるなんていう学者もいます。(退職給付引当金や、修繕引当金など)

 もっとも、資産を考慮せず、負債の金額だけを報道するマスコミもどうかとは思いますが。

 

 

伊藤行政書士・社会保険労務士・FP(ほえほえ) | URL | 2013年08月24日(Sat)01:21 [EDIT]


借金は減らしてほしいですね

伊藤様
さらなるコメントありがとうございます。

引当金のことなど恥ずかしながら私はわかりません。
以前は、外からの借金ではなく、国民からのいわば自分の
財布からの借金だからOKという言説もありましたが、最近
そういうことを言う学者もいないですね。
金勘定の苦手な私めとしては、借金減らしてほしいと言う
しかないです。

おばさん社労士 | URL | 2013年08月24日(Sat)14:26 [EDIT]