FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

情報を売る仕事

ふくらみ続ける医療費はどこの自治体でも頭の痛い問題です。
医療費を使わないためには住民の健康が第一と、埼玉県のある自治体では市内にある団地ぐるみで健康的な食事をしたり、運動などをする取組を始めるそうです。
委託を受けて全面的に協力するのが体重計や歩数計を作り、最近では社員食堂のメニューが健康的で自然に体重が落ちるということで話題となり、その部門の子会社を作っている会社です。
実は、2、3年前に私もこの会社の体重計をある人からいただいたのですが、体重だけではなく、体脂肪、BMI値(肥満度を測る数値)筋肉量、骨量、体内脂肪、おまけに体内年齢まで、載るだけで測れる優れものです。
最初に載ったときに実年齢より体内年齢が14歳も若く表示されて、調子にのって毎日朝晩載っています。そんなわけで、この会社には何となく親しみをもっていました。

その後、その会社の社員食堂で出される健康食が無理なくやせられると話題になり、レシピ本が売れたり、社員だけではなく一般の方にも提供するために都内に食堂をだしたことも知っています。
私は、自分で好きなものを作って食べたいと思っているので、その会社の出している健康食には特に興味はないのですが、そういう情報をほしいと思う人も当然いるわけで、特に健康によいのなら教えてほしいと思う人もたくさんいるでしょう。
自治体としてもその情報をもらって、最終的に医療費が抑制できればよいということで、委託したものだと思います。
また、歩数計や体重計などの計測機器についてもこの会社のお家芸ですから、管理や記録面でも頼りになるというわけです。

物を売るのではなく、ノウハウを売る、しかも社会的にみて有意義な企業活動ができるのですから、新しいモデルとなる仕事だなと思いました。
これから人口減少時代になり、物が売れなくなり経済が停滞するようなことが言われますが、知識と情報を売るという分野では、まだまだ開拓の余地があるのではないかと思います。
私も知識と情報を売る仕事です。社会にとっても有意義な活動だと言われるような仕事ができるように、日々精進していきたいと思います。そうそう、体内年齢ですが、最近は15歳若く表示されることもあり、載るだけで元気をもらっています。〇〇〇のご活躍、これからも注目していきたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する