FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

オリンピック狂騒?に違和感

私はスポーツ観戦は好きだし、オリンピックもどこでやってるか関係なくテレビで放送されれば絶対見ます。
それにしても、昨日から、東京でのオリンピック招致が成功したニュースばかりで、もともと招致に賛成できなかった私としては、少しも盛り上がりません。決まった以上は天災事変、特に大地震がきませんようにと祈るばかりです。
安倍首相のプレゼンテーションの一部をテレビのニュースで見ましたが、福島の汚染水問題は0.3平方キロの範囲の中に封じ込めているから大丈夫と、あら、だだ漏れ状態じゃなかったの?そんなこと国民の一人として今まで聞いたこともなかったねというようなことを、力強く語っていました。
この汚染水問題は大変な問題だと私は思うのですが、日本のメディアはあまり報道しません。
オリンピック招致に賛成できなかったのも、こんな大問題の解決の目途もたっていないのに、世界の超一流アスリートや観客の皆さんをご招待できるのかという思い、今、お金があるのならすべてをそそぎこんででも汚染水問題を片づけるべきだと思うからです。

ネットで見ると海外メディアの反応は日本とは違い、随分厳しく汚染水問題を取り上げているようです。私が拝読しているある大学の先生のブログにも科学誌Natureが、政府と東電を批判していてここまで政府について言及するのは異例だと書かれていました。
オリンピックに浮かれる前にすることがあるんじゃないのというのが、ずっと私が思っていたことで、私の回りはそういう人ばかりです。
お金のかけ方の優先順位の問題です。東京都にそんなにお金があるんなら、何故福島につぎ込まないのだろう。都民の電力を原発でまかなっていたんですよね。
それなのに、国民がこぞって喜んでいるというようなメディアにはうんざりですが、もう随分前からメディアは全面的には信用しないことにしているので、そんなものかとも思います。

これから7年間もオリンピック狂想曲?が奏でられることになるのでしょうか。
震災の被災者の方が、「私たちのことも忘れないでほしいです」と遠慮がちにテレビインタビューに答えていたのが印象的でした。
忘れないこと、最低限私たちはそれだけは実践していかなくてはいけないのだと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

2020については、私もほとんど同じ感慨を持っています。

福島の汚染水問題はIOC総会での総理の発言を聞いた時は「えっ??」と耳を疑ったことでした。
それはそれとして、、国際公約になったのだから、海外に対してだけでなく、国民にも目に見えるように対応してほしいものです。

政府は、経済への好影響やメダルの数などにのみ関心があるように見えます。しかし、成熟した日本です。文化その他の精神的なアピールに心を砕いて欲しいものですが、この国の政治家や役人には期待できないでしょうねえ。

もう一度「それはそれとして」、最終プレゼンでの3人の女性のスピーチには感激しました。
テレビで何度も見たし、ネットでも内容を確認しました。
特にトップバッターのプリンセスのスピーチは、(フランス語はまったく理解できませんが)すばらしかったですね。
淡々として気品がありました。

前回の東京オリンピックの時は私は高校3年生でした。
2020年には(生きていれば)○○歳を迎えます。
楽しみでもあり、しんどい思いもあり・・・複雑ですね。

ひますけ | URL | 2013年09月10日(Tue)17:40 [EDIT]


ひますけさん
コメントありがとうございます。

経済効果がすべてに優先されるような昨今の風潮
ほんとにいやですね。
プリンセスを見習って、少しは品よくふるまってほしい
ですよね。

ただ、今後は復興とオリンピックを同時進行して
いかないと国内外に顔向けできなくなると思いますから、
そういう点ではよかったかと思います。

オリンピックが終わった後が大変そうですね。
次世代によい社会をバトンタッチできるのかが心配です。

私も7年後は〇〇歳を迎え、生きているかはわかりません。
私め、開業以来ちょうど7年ですから、7年間って、案外
短いのかもしれないとも思います。

おばさん社労士 | URL | 2013年09月11日(Wed)10:58 [EDIT]