FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

定義づけは大事

今日は午後から関与先に出かけ、就業規則の見直しについて話をしてきました。
守秘義務があるので、内容については書くのは控えますが、その会社のある規程の中にある「〇〇とは△△のことをいう」というような定義づけにより、会社が不合理な出費をすることになっている(社員にとってはうれしい)というような話で、なるほどと言う内容のものてした。
もともとの定義づけがおかしかったがためにそうなっているわけで、会社の各種規程や就業規則の中で定義づけをするときにはかなり慎重にいろいろ考えながら作らないといけないなと思いました。

新規作成で私が一から作る場合には、自分で納得した文言を使っていますから、そういうことはないのですが、見直しをした就業規則というのは、もともとあった内容のものをできるだけ活かすことが多いので、ちょっと見落としてしまうというような場合もたまにあります。
今般も、それほど気にせずそのままにしていたところが実は結構問題だったので、見直しは相当神経を使っていろいろ想定してみないとだめだなあ、特に、定義づけはすべての基本になるので、注意深くやらなきゃだめだったなと思いました。
というわけで、日々、反省と勉強の毎日です。
特に、お客様とお話しするのはいろいろ見えてくることも多く、私にとっては貴重な時間です。
今日は、これから、以前私が見直しして全面的にリニューアルしたその会社の規程集をよく見直してみようと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する