FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

時間の使い方は難しい

以前、過去記事にした講師の仕事ですが(過去記事参照)、お打合せもすみ、その後ご担当者が作ったチラシや市報のチェックなどもすみました。
自分の得意分野だし、同様の内容はほぼ毎年のように東京の足立区でやらせていただいているので、他の仕事にかまけて、資料の見直しなどもしないままに日が過ぎて、気がつけば、10月も半ばを過ぎてしまいました。(本番は11月26日です)
埼玉県の富士見市(お問い合わせは産業振興課049-251-2711)が主催するのですが、「パートタイマーのための労働法講座」とちょっとおかたい名称になっています。

得意分野とはいえ、手持ちの資料を見直し、最低賃金など変わった部分の修正その他、気になる部分の修正などを行い、必要な行政のパンフレットなども集めてと、結構やることはあります。資料がすべて整ったら、一度しゃべりの練習をして時間をチェックして時間内に過不足なく納まるようにしないといけませんし、講師の仕事というのは準備が結構必要です。
とりあえず資料の見直しを早くと思いつつ、なかなかできないうちに日が過ぎてしまったというわけです。
今日も今日とて、午後から私用で出かけるためなかなかまとまった時間がとれません。明日こそやるぞと自分で自分に気合を入れます。

私用とは、親友が用事で浦和に来るので会わないかと言われたためです。震災以来、会いたい人にはとにかく会うようにしています。
ある友人は「あたし、最近誘われたら断らない、というのがモットーなの」と言っていましたが、私はなかなかそこまではいきませんが、自分の中で取捨選択して重要な人とはとにかく時間を作って会えるときに会うようにしています。
そのためには、自分の中で不要だと思うような付き合いは極力減らさなくてはならない。それでも、「浮世のしがらみ」というものもあり、なかなか難しいときもあります。
限られた時間で、身体は一つ。つまらない付き合いをしてしまったときは後で後悔することもあるので、なるべくそういうことは減らしていこうと思う今日この頃です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する