FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

知識の蓄積はありやなしや?

来月講師の依頼を受けているセミナーの資料作成にようやくとりかかりました。
依頼を受けたのが8月だったため、まだまだ先だし、得意分野だし、それなりの手持ち資料はあるという理由から、すっかり遅くなってしまいました。
この1週間ぐらい、明日はやろうと思いつつ、ぽろぽろとやることができて後回しになっているうちに、日が過ぎてしまったというわけです。
手持ちの資料については、足立区で毎年のようにやらせていただいている講座のものがベースになっていますが、今般は埼玉県ということで、最低賃金や相談機関などについては「埼玉仕様」にしなくてはいけません。
社会保険料率なども9月(10月支払分)から変わっています。

資料を作成した当時はその時点で最高のものを作ったつもりでしたが、じっくりと見直してみると、付け加えたいことなども出てきます。
また、これってこうでよかったっけかなどと、我ながら頼りないところも出てきます。法律条文を見直したり、参考書籍を見たりしているうちに、別件の面白そうなことを見つけて、そのまま書籍に読みふけったりしているうちにあっという間に時間が過ぎてしまいます。
社労士になって7年、随分知識を仕入れたつもりですが、抜け落ちていることもあり、こういう仕事は自分にとって知識の見直しにもなり、ありがたいことと感謝しています。
1日で終わらせようと思っていましたが、道草をくってばかりで終わりそうにありません。
知識の蓄積というのは繰り返し同じことを読んだり、しゃべったりしてできていくのでしょうが、時間の経過とともに忘れてしまうものもあり、この頭何とかならないかねーなどと思いつつ、どうにかやってきたんだなとあらためて思っています。
このところ、当地は曇りの日が多くなかなかさわやかな秋晴れとはなりません。
こういうときこそ、集中して資料を作成してしまおうと考えています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する