FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

一に勉強、二に勉強

労働・社会保険諸法令という社労士の守備範囲は広く、私もまだまだ経験の浅い分野があります。
詳細は書けませんが、ある会社からあることの依頼を受け、現在関連書籍などにあたって勉強を始めました。
奥が深く、それだけに大変そうだけれどおもしろそうだなと思いつつ読み進めています。
この世界、10年やって一人前と言われます。
守備範囲が広く、一通り経験するのにそれぐらいはかかるということなのだと思います。自分の中では就業規則をはじめとして労働法分野が得意分野ですが、看板をだしていれば、それ以外の仕事も舞い込むし、関与先をもてば、その会社から様々な相談事が持ちかけられ、あれこれ対応するうちに少しずつ様々な経験を積むことができます。
そんなわけで、年賀状の作成も気になる昨今ですが、とりあえず新しく購入した2冊の本、以前に一応勉強したときに購入して一読していた何冊かの本、その他関連資料を熟読しようと意気込んでいる今日この頃です。

思えば、この世界に入ってから勉強、勉強の連続であっという間に日が過ぎたような気がします。
今朝、事務所の前で黒いミニコートに黒いタイツのよく似合うスラリとした若いお嬢さんに挨拶をされたので、こちらも元気よく「おはようございます!」と返しましたが、はて、あのお嬢さんは?
「そうか、〇〇さんの娘さんか」と思い至りました。
今の事務所は、私が社労士試験に合格するよりもずっと前の1997年に夫が購入して、自宅近くに借りていた事務所から引っ越してきたのです。
その頃、幼稚園児だった件のお嬢さんがすっかり大人になるのも当たり前なのでした。
私も山あり谷ありを超えて、今は社労士になっていますが、常に自分の知らなかった新しいことを勉強し続けてきたように思います。
今や、私の仕事に関しては外野の人となった夫には「勉強が好きなんだね」と言われます。
別に好きと思ったことはありませんし、最近は本を読んでも忘却との戦いという気がして嫌になるのですが、知らないことを知ることの楽しさはいつも感じます。
その楽しさを感じられる限り、私はまだ大丈夫、頑張ろうと思うのでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する