FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「独立独歩」への道は険しく 支部例会にての雑感

昨日、支部の例会がありました。


そこで、ある先輩会員の方が退会なさるということで、ご挨拶されました。昭和50年に社労士試験に合格した後、定年退職後に昭和61年から開業なさったそうです。ですから、それなりにお年を召した方です。このところご病気をされ、健康面に不安があるということで退会なさるそうです。


実は、この方については、開業間もない頃の当ブログで書いたことがあります。(参照 興味のある方はごらんください。)


私が心から「先生」とお呼びできる方です。休憩時間にあらためてご挨拶することができましたが、これからのご健勝をお祈りしたいと思います。


その他に県会の総会の話がありました。

私は県会の会則をよく読んでいなかったのですが、各支部から9人の代議員を出してその人たちが総会に参加するという形式なのです。


それで、「代議員しか発言できないんですか?」などと、愚問を発してしまいましたが、それには支部長が丁寧に答えてくださいました。


今日、あらためて会の規定集を読んでみるとそうなっていますね。


私の頭の中では「総会」というものは、「その団体に属するメンバー全員に出席の機会が与えられ、でも、現実には委任状ですませちゃうメンバーが多い会議」というイメージだったのです。「代議員制」なんて初めて聞きました。


支部長は「一堂に会するのは大変ですから」というようなことをおっしゃっていましたが、埼玉県には、埼玉会館、大宮ソニックシティ、スーパーアリーナとか、場所に不自由はないはずなのになあと、ちょっぴり腑におちませんでした。


また、労働局の雇用均等室で働かないですか?という情報もありました。育児介護休業についての指導員と、セクシャルハラスメントの相談員としてです。支部から各1人づつだそうです。


私は、どちらもとても興味のある問題なのでやりたい気持ちもありますが、前者は月15日、9時から16時までで、日給6180円、後者は月14日でやはり9時から16時までで、8930円ということで、報酬も社労士は随分安く見られているなあという気がしますが、拘束時間と日数があまりにも負担だなと思ってあきらめました。


月、15日もそこに行くとなるとお勤めしているのとほとんどいっしょですよね。自分の事務所のことなど何もできなくなってしまいますよね。


県の研修で知り合ったやはり昨年開業した女性も、開業しても仕事がないので、4月から地元の労働基準監督署の労働相談員になると言っていました。


そういう仕事をするのは、お金には変えられない得るものはたくさんあるだろうし、役所とのルート、社労士としてのキャリアなど、開業してはみたものの仕事がない状態でいるよりは、もしかしていいのかもしれないという思いも少しあります。


でも、まだ開業して半年、いざとなったらそういう道もあるんだということだけ頭の片隅に置いといて、私はやっぱり「独立独歩」、「自主自立」の道を選ぼうと思います。


帰り道で同じ市内の先輩女性会員の方に「3年で1~2件づつとれていければいいぐらいの気持ちで、仕事のない時は就業規則をシュミレーションで作ってみたりとか、やることはいっぱいあるわよ」と励まされました。


その通り、することはたくさんありますね。もう少し頑張ってみようと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する