FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

社内文書に悩む

関与先であることを相談されましたが、対応を誤るとトラブルに発展する「匂い」がするので、何事も冷静に客観的事実と就業規則の規定を根拠に判断するということをまず伝え、労務管理上必要な文書などを作成することになったのが先週末。
昨日から今日にかけてあれこれ頭をひねり、関連判例、書籍を確認して当面必要な文書の作成をしました。同時に問題の所在を明らかにして会社の正しい対応の仕方についてのリポートも作成しました。
それをすることにより、私自身も頭の中がだいぶ整理されます。
とりあえず、それらの文書を関与先にメールで送り、やれやれと思いつつ、企業側からの相談を受けるとどうしても企業側の言い分を通してあげたくなっちゃうな、社労士法第1条にある「労働者の福祉の向上」の視点がちゃんとあるかなと、自分の作成した文書を何度も検証します。

所属している研究会で随分前ですが、「私は100%企業よりの社労士」と堂々と公言している会員が2人もいました。その後、別のある会員も顧問先から報酬を得ているので会社の得になるようにふるまうと語っていました。
先の2人はそれぞれの事情により研究会を退会してしまいましたが、社労士は続けています。どちらかというと会社に厳しく労働者寄りの発言をする私とは時々意見が衝突していたのを懐かしく思い出されます。
私は、お客様が困って相談をしてくれば、お客様の身になって最前の解決策をご提案するというのが事務所の方針ですから、問題の所在を探り解決策を一生懸命考えます。
判例や書籍にあたり、時には懇意にしている社労士仲間の意見を聴き、自分なりにネットワークを駆使して、情報を収集して正しい結論を導き出そうと努力します。
それは、お客様の得になるというより正しい結論を出したいということなのですが、労務管理については、数学の問題などとは違い、正解が一つではないことが多くあります。
当然、労使で利害が対立することもあります。
トラブルの芽を摘むためには、会社がこうしたら労働者はこう出るかもしれないなど、想定される様々な場面における必要事項について考え、手を打つという作業も必要になります。

必要な文書を作成してリポートを書いてと、大変なのですが、問題の所在を明らかにして対応策を考えるという作業や、それを文書にまとめる作業は私は結構楽しくやれます。
困っているお客様に対して楽しいなどというのは不謹慎だと思いますが、どうせ仕事をするなら楽しくやらなきゃという気分でやっております。
問題について快刀乱麻のごとくすっきり答えを出すわけにはいきませんが、「人間は考えるあし」であるとのパスカル先生にならい、考えることにより生きる楽しさを感じたいと思う今日この頃です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する