FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

地震国日本で原発は無理だと思う

最近私が不思議に思うのは、何故、世間の人は原発について強く反対の意思表明をしないのだろうということです。
福島第一原発であれだけの事故が起き、いまだ放射能はダダ漏れ状態、故郷に戻りたくても戻れない人がたくさんいるのに、そんな事故なかったかのような政府の原発再稼働の動きがこのところ加速しています。
東日本大震災で原発の安全神話はくずれ、さらにコストが安いというのも事故が起きたときの対応に使う除染や補償の費用など考慮すれば、相当なコストがかかるということもはっきりしました。
小泉純一郎氏が盛んに主張するように、使用済みの燃料の処理の目途もたっていない。何よりも、今後いつ巨大地震がおきるかわからないと言われているこの国で、次に原発事故が起きたら終わりでしょ。これだけ材料がそろったら、やめるでしょ。普通。とは現政権は思わないらしく、昨日発表されたエネルギー基本計画では、原発を安定して発電する「重要なベースロード電源」と位置づけたと報道されています。

現実に今動いている原発はなく、原発がなくても世の中何とかなっている、原発につぎ込むお金や人材、資源をすべて新しいエネルギー開発に注ぎ込めばすごいことができるんじゃないのかなと思う人は結構いるのに、政権内にはいないらしいですね。
原発に固執するのには何か他にわけがあるのかな?
「最終的に原子爆弾を作りたいんじゃないの?」とは私とすごく親しくしている人(夫)の説です。なるほど、原子力の平和利用を保ちつつチャンスがきたら兵器も作っちゃおうと考えているのか。なんと無駄なお金と時間と人材のかけ方なんだろうと思います。
この国の太陽、雨や雪、風、どれもエネルギー源になりそうだし、頭のいい人ならきっと何かをうまく考えてくれそうな気がします。そこに新しい産業が必ず生まれるはずです。むしろ経済成長に寄与するかもしれないと思うのですが。
結局、原子力を人間が使おうなんてことはできなかったのだと、さっさとあきらめればいいのにと思います。ぱっと咲いてぱっと散る桜に影響されてか、潔いということも安倍首相の好きな「美しい国日本」に住む人の特徴だと私は理解しているのですが。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する