FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

ぐったり疲れたセミナー参加

職場のメンタルヘルスということが盛んに言われるようになったのは、ここ10年から15年ぐらいからではないかと思います。
開業したころ、私はメンタルヘルスというのは一朝一夕に理解できるものではなく、社労士としての専門性も極めてないのにそんなことまで勉強してはいられないという思いでした。
今も自分が簡単に勉強して理解できるしろもの?ではないとの思いは変わりません。しかし、このところ、関与先でメンタルヘルス系の労務管理が必要となる事項(守秘義務がありますからそんな言い方しかできません)があり、私も基本的なところは押さえておかなければいけないだろうとの思いで、その種の書籍、判例等は自分なりに少しずつ読んでいました。
最近、自分が購読会員となっている出版社でたまたまその種のセミナーが開催されることになり、昨日私も参加して朝10時から夕方16時半までびっしり講義を受けてきました。

講師は有名国立大学の助教で精神科医で産業医でもある方です。
私から見るとまだお若い、いかにも人の話をよく聞いてくれそうな優しそうな雰囲気で、精神科医というお医者さんに私は直接お世話になったことはありませんが、私のもっている漠然としたイメージに近い方でした。
前半は、精神疾患となったときの職場での対応の仕方、後半はうつ病をはじめとするいくつかの病気の事例と特徴、治療の仕方、などかなり専門的な話もありました。その先生の著書がテキストとして事前に送られたきていましたので、それも一読していたこともあり、基本的なところがよくわかりました。

講師の先生は主として都庁の産業医をなさっていたときの経験をもとに本を書かれ、講義でもそのときの事例を使われていたようです。
休職期間も長いですし、職場でもなるべく復職できるように手を尽くすというようなスタンスであるように見受けられました。どちらかというと、大企業の労務管理に近いのかなという印象です。
うつ病の再発率は5割、一度再発した人のさらなる再発率は7割と言われているそうです。
再発をいかに防ぐかが大切だそうですが、産業医を見つけるのにも苦労する、仕事も部署もたくさんない、人員にも余裕がないような中小企業で、そこまで抱えることができるだろうかと、疑問にも感じました。
 うつ病になると最低でも6か月間は元通りの仕事をするのは無理というようなお話もありましたが、中小企業では休職期間も短いですし、復職前のリハビリ勤務等についても受け入れ体制を整えるのは容易なことではないと思います。
多少の精神の不調を抱えていても働ける場があるということは回復にも役立つでしょうし、理想的な社会の在り方は、そうあるべきなのだと思いますが、企業にばかり負担がいくようでは、なかなか実現は難しいでしょう。
セミナーでも「産業医はどうやって見つけたらいいんでしょうか?」というような質問が出ていました。
国は、中小企業がメンタルヘルスに関する相談を気軽にできるような機関を早急に作るべきではないかと思います。

有意義なセミナーだったと思いますが、さて、私は今後関与先の問題にどう関わっていくことができるだろうかとか考えてしまったこともあり、終わったときはぐったり疲れてしまいました。体力なくなったなーとつくづく感じた日曜日でした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する