FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

産業医を探して

日曜日にメンタルヘルス関連のセミナーを受講したことは過去記事にしました(参照)。
企業関係者や社労士が受講していたと思いますが、記事にも書いたとおりある受講者が「産業医はどうやって見つけたらよいでしょうか?」という質問をしていました。
ご自身が産業医であり現在は大学の助教でいらっしゃる講師の先生は、一瞬、ちょっと困ったようなお顔をなさって、「そうですねー、医師会に聞いていただくかですかねー、最近はネットとかで産業医の紹介サイトなどもありますね・・・」とおっしゃっていました。
実は、「産業医がみつからない」という話は私の所属する社労士会の研究会でもかなり話題になったことがありました。
労働者数が50人を超えた事業所には産業医その他、業種により衛生管理者、安全管理者などの選任義務があるという原稿について議論したときです。

精神疾患で休職するような労働者が出た場合、労働者の主治医だけではなく、会社指定の医師の診察を受けてから復職できるかどうか判断するという就業規則になっている(私もこのやり方を推奨して規則を作っています)ときに、できれば産業医がいいだろうと思うが、精神科産業医がみつからないで苦労しているというような話をする会員がいたのです。
そして、契約にこぎつけてもその報酬が意外と高く、「へぇーっ」と居合わせた会員はみな苦笑いというか、医者はやっぱり報酬高いんだねという雰囲気になったのでした。

その後、私も関与先で近々50人を超えることになる事業所があり、産業医の選任についてお客様とともに考えなくてはいけないことになりました。
お客様は、できれば精神科の専門の先生がいいとおっしゃいます。精神科系が一番どうしていいかわからないで相談したいだろうと思うのでということでした。
前述のセミナーでも、講師の先生が精神科は絶対数が少ないので産業医も少ないかもしれませんというお話をしていましたが、とりあえずネット等で検索してみましたが、確かに精神科系の産業医はあまりいません。
地元医師会に聞いてみるかと、昨日事業所のある地元の医師会に電話して開業社労士であることを告げ、関与先で産業医を探しているので教えていただくことはできますか?と聞いてみました。
すると、医師会がコーディネイトして契約書も医師会所定のものを使うなどすれば、条件を擦り合わせて紹介できるとのことですが、この医師が産業医の資格がありますという教え方はできないと言われました。

応対は親切でいやな印象は受けませんでした。多分、医師会なりにいろいろ縛りがあるんだろうと思います。
ついでに、「精神科で産業医の資格をもってる先生って、やっぱり少ないんでしょうか?」と聞いてみました。したところ、意外にも「資格をもってる先生は結構いますよ。整形外科とか外科の先生はあまり持ってませんが、内科系とか精神科系の先生はだいたい持ってますよ」
「うちに所属している会員〇〇人いますが〇〇人(全体の半数超えている)ぐらいは資格持ってます」
そうなんだー。結構いるじゃないですか。
それならと、事業所に近い精神科クリニックなど数軒電話して聞いてみましたが、「お受けできません」とか「診察中でお答えできません」とか、何となくガードが堅い印象でした。
何故なのかなー? 長くなりますので、続きはまた明日。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する