FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

自然の色の美しさに感心

2014-5ひまわり行きつけのお花屋さんでひまわりの花を見かけました。早速買いましたが、何と合わせようかと眺めてみれば、同系色のアルストロメリアが目について、じゃあ、これと、もう少しアクセントがほしいよねと考えていると、おじさんが「これにしなよ」青紫のデルフィニウムを指さします。
確かに良い色合い。では、それで。グリーンのアクセントはタニワタリの長い大きな葉っぱにしました。
帰宅して早速我が家の玄関に飾りました。ひまわりの明るさをもらい、我が家もすっかり夏模様です。

花に限らず、昆虫もそうですが、自然の生物の色合いは絶妙で美しいなと思います。
私は、子どもの頃から洋服やアクセサリーの組み合わせを考えるのが好きで、特に、どの色にどの色を組み合わせたらよいかということに興味がありました。
今でも、「一人ファッションショー」がひそかな楽しみだったりします。
このひまわりも黄色と茶色、黒という組み合わせです。茶色は結構じみ目な色だと思うのですが、黄色と組み合わせると一気に引き立ち華やかになります。
写真の左下に写っているアルストロメリアも黄色の中に濃いオレンジ色が入っていて、明るく元気が出るような色の組み合わせです。
そんな色合いは参考になりますが、不思議と自分で花のような組み合わせの色合いを意識したことはありません。
やはり、自分に似合う色、自分の好ましいと思う組み合わせなどがあり、なかなか自然界の花や昆虫のような大胆な色の組み合わせはできないということなのだと思います。
そんなことを思って花を眺めて、しばし浮世の憂さを晴らした夜なのでした。
皆様、今日も一日元気で頑張りましょう。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する