FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

ディスプレイの中の虫に思う

当地は5月らしい青空で湿度の低いからっとした天気が続いています。
湿度が低いせいか気温が高いわりにそんなに暑さを感じません。
でも、この時季出てくるのが小さな虫とか蚊などですね。
窓を開けていると網戸をくぐってやってくる小さな虫がいるみたいだし、ドアを開けたときに入るのか蚊もやってきます。
蚊取り器を足元につけて撃退?するのですが、子どもの頃から蚊に好かれるタイプらしい私は、いつの間にか蚊にくわれて「かゆい、かゆい」と騒ぐことになります。

そんなことはいつものことなのですが、昨日は、パソコンのディスプレイの向こう側で小さな小さな虫が動いていて、ちょっとびっくりしました。こんなことは初めてですが、パソコンに向かって仕事をしていると、ディスプレイ上に1mmぐらいの小さな虫が動いていたので、ティッシュでとろうとしました。でも、とれない。なんと液晶画面の向こう側にいるんです。
おや、おやー。どうしようか。
上からちょっときつく押してみてもあまり関係ないみたいで、すごい勢いで動き回っています。
気にすれば気になるけど、気にしなければ気にならない。
まあ、いいか。とちょうど帰る時間帯も近づいていたので、とりあえず、ほっといて(方法がないのでそうするしかない)パソコンを終了して帰宅しました。
そして、今朝パソコンを立ち上げて見てみれば、陰も形もなく、自主的にどっかに消えてくれたみたいです。
侵入したルートを見つけてそこから出て行ったのか、パソコンの中の私の見えないところで死んじゃったのか、定かではありません。

小さな虫の数奇な運命、そんなところでしょうか。
最近、いろいろなことがあっても自分の運命だと思うようになりました。運命だと思えば受け容れられる。でも、それはけして何もせずあきらめるとかそういう感覚ではありません。
運命として受け入れるけれど、立ち向かわなければいけないことにはしっかりと向き合っていく、やるべきことがあるのならやってみる、そして、最後は、「なるようになる」と受け容れる。それが運命を受け容れることなのだろうと思います。
今日、気がついたのですが、当ブログお陰様で20万プレビューを超えました。ネットの片隅でひっそりと存在している当ブログですが、読者の皆様に読んでいただけること本当にうれしく感謝申し上げます。
風薫る5月、読者の皆様のますますのお幸せを祈りつつ御礼申し上げます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する