FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

女性が働くにあたっての「壁」

昨晩、NHKのクローズアップ現代をたまたま見ましたら、毎度おなじみ?の「103万円の壁」と「130万円の壁」について取り上げていました。
前者は税金を支払わなくてよい年収の上限、後者は配偶者の被扶養家族として健康保険、国民年金の保険料を負担しないでいい年収の上限(自営業者の被扶養配偶者などは除く)です。
テレビでは、実際にパートタイマーとして働く女性の「実際にどの程度得なのかはよくわからないが、何となく、この範囲で働いた方がいいのかなと思ってしまいます」などという話を出していました。
女性の社会進出を促すため政府はこの壁をとっぱらうことを考えているということが盛んに報道されています。
現実に、130万円の壁が2016年10月からは106万円となる予定です。現在の被保険者(健康保健、厚生年金に加入している人)の数が501人以上の企業に適用されることになっていますので、該当する企業は対策に頭を痛めているということも番組で取り上げていました。
社会保険料は企業と本人が折半負担ですから、企業の負担は相当額になり、企業により10億円の負担増になるとも放送されていました。

番組でとりあげていたある外食産業の企業も、そういうわけで、最初は負担しない方向でパートタイマーの時間数を減らしていこうと考えたそうです。
しかし、シフト管理がうまくいかない、また、指導、教育には労働時間の長短に関わらず同じ手間がかかる、しかも、短時間で働く人の方が簡単に辞めるという社内的データもあり、結局、負担はやむを得ないと判断したそうです。
そうとなったら、バリバリ働いてもらうためにパートタイマーでも店長に登用することも踏まえて、パートタイマーに対するヒアリング調査を行ったところ、「重い責任を抱えるのでサポートはどれぐらいしてもらえるか不安」というような答えがあったそうです。
パートタイマーの給料で責任だけ負わされるのはたまらないと誰でも思うでしょう。責任に対する処遇なども考えなくてはいけないと、会社側も気がついて今後検討するそうです。

番組中では幼い子3人のいるパートタイマーの女性の話もありましたが、保育園になかなか入れないため、これ以上働く時間を増やせないという話もありました。また、実家の母に週4日来てもらってパートとして何とか働いているという女性の話もありました。高度経済成長期と違って、今や男性の給料だけでは暮らしていけない家庭も増えていて、年収200万円代の世帯が収入別にみると最も多い世帯だそうで、それもちょっとびっくりしてしまいました。
女性の側は、「壁」などと言っていられず働けるのなら働きたいという人が増えているようにも思います。
一方で、子どもとの時間を大切にしたい、今は子育て中心にしたいという女性もいて、女性の側もかなり多様化しています。
専業主婦は収入がないですから税金を払わない、年金保険料を支払わずに基礎年金を受け取れるという「特権」があるように言われていて、最近肩身が狭いかもしれません。
でも、人に預けず、しっかりと子どもと向き合って育てたいという気持ちでいる人もいます。
専業主婦が社会にぶら下がっているように言う人もいますが、子どもを保育園に預けるとそれなりに税金を使うはずと、ちょっとネットで検索してみましたら、公的なサイトではっきり書いている八王子市のサイトがすぐに見つかりました。(参照)
0歳の場合は月31万円(年間372万円)以上かかります。とはっきり書いてあります。
それで、保護者が負担する分は、そのうち最高(前年の所得税591,000円以上)で52,500円、二人目は半額、三人目は無料となっていました。自治体により違うとは思いますが、かなりの税金がつぎ込まれているので、保育園に預けていない人はその分使っていないと考えれば、少々の「特権」はいいんじゃないのとも思えてきます。

私が言いたいのは、どのように生きようとどのように働こうと個人の自由であり、時々の政府の方針などによりその選択の幅が狭められるようなことがあってはならないということです。
「壁」のことなんて気にせず自分がどう生きたいか、自分がどう社会とかかわっていきたいか、子育てをどういうふうにしようか、そういうところから考えていただきたいなと思うのです。
自分の人生は自分で切り開いていきましょう。人生は収入の多寡ではなく自分で考え、自分で選択して生きたときに豊かになるのだと思います。
女性の皆様、自分の人生は自分で豊かにしましょう。
全ての女性の皆様にエールを贈りたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する