FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

均等待遇と均衡待遇

昨日、月に一度の社労士会の研究会例会で、この度改正になったパートタイム労働法について検討したのですが、厚生労働省ホームページにある「均等待遇」と「均衡待遇」(参照)という言葉の意味について、みんなで頭をひねってしまいました。
パートタイム労働法(短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律)では、通常の労働者と同視できるパートタイマーというのが条文であります。
期間の定めのないパートタイマーで、責任や権限などの程度や業務内容、転勤の有無や配置転換などの人材活用の仕組みなどが正社員と全く同じなら、賃金、教育訓練、福利厚生施設の利用、その他の待遇で、差別的扱いをしてはならないというものです。
言い換えれば、正社員と待遇をいっしょにしなければならない、ノーワーク・ノーペイで時間が少ない分の賃金は減らしてもいいですが、時間単価は同じにしないといけないということですね。
しかし、これに該当するパートタイマーは1.3%ほど(厚労省調査)となっていて、正社員と同視できるパートタイマーはほとんどいません。

先ごろ、労働政策審議会で来年4月から施行という案が出た今般の改正では、期間の定めがあるパートタイマーでも他の部分が同じなら「正社員と同視」するパートタイマーになるとされました。
これは何となくイメージとしてはわかります。
では、「均衡待遇」とは、なんでしょうか。
原稿作成者はバランスという言葉を使っていましたが、不合理でない範囲の差はつけてもいいというようなことかなと、みんなで話し合いました。
新設された同法の条文でも不合理な差をつけてはいけないとあります。
辞書を見ると、「均衡」とは二つ以上の物・事の間に、つりあいがとれていることとあります。
待遇に差があっても合理的な理由があれば許されるということですが、多分、一般の方にはなかなかイメージしにくく難しいのではないかと感じます。

賃金が安いことについて、一昔前のように「パートだから」ではすまされなくなり、正社員との違いについて明確に説明ができなくてはいけないわけです。
賃金が安いのは責任と権限がないからとか、残業がないとか、あっても正社員よりずっと少ないとか、そういう差があればよいわけですが、しかし、時給単価が正社員に比べあまりにも極端に低いのはやはり、不合理になるのではないか、その基準はどこに?などと考えだしたら収拾がつかなくなりそうです。 これについては、8割とした裁判例があるにはありますが。(丸子警報機事件)その後の判例では、あまり広がりを見せていません。
これは、じっくり考えてみないといけない問題ではないか、そう簡単ではないぞと思っています

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する