FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

校閲をするということ

あるご縁により、今月から定期的に校閲の仕事をすることになりました。
社労士の専門分野のことが書かれている文章に目を通し、内容に間違いはないか、文章におかしいところはないかなど、総合的にチェックをして必要があれば修正をする仕事です。
私は、依頼を受けて原稿作成の仕事をすることがありますが、その場合には、自分の書いた文章を自分で「校正」する作業を行います。
時には、先方の希望にそって修正する場合もありますが、他人様の書いた文章について内容のチェックをするという仕事は初めてです。
もっとも、所属する社労士会研究会のリーダーとして会員が作成した原稿の最終チェックをするということはしていますが、会員みんなで検討して最終的に仕上がった原稿についてですし、「仕事」としてやるのとはちょっと違います。

当たり前ですが、意外と大変だとのっけから感じてしまいました。
「仕事」としてやるからにはミスは絶対に許されない、しかも、私はミスを見つける役目。なのに、私は、どちらかというと細かいことは気にしないタイプ。うーん。緊張します。緊張しすぎるといい仕事ができないぞと思い、「リラックス、リラックス、笑顔、笑顔」と唱えます。一読して、まずは内容に間違いがないか行政のHP等で確認します。〇年〇月から施行などという記述があれば、その出所も確かめ確認します。
一度目、二度目は気がつかなかったちょっとしたミスに三度目にふと気が付いたりして、こりゃー、一筋縄ではいきませんぞよと、何度読み直すべきか、そんなことまで考えてしまいます。
でも、考えようによっては、だいたいわかっていた事項でも、事細かに確認することにより知識の再確認ができるし、良い仕事なんじゃないのと思い至りました。
そう、良い仕事をいただいたご縁に感謝。
「一球入魂」、一生懸命頑張るぞーと思っています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する