FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

社労士の存在意義

最近、精神的な不調になる労働者が増えています。
休職する場合も多くあると思いますが、休職制度というのは法令に全く定めがなく、企業の裁量に任されている部分です。
私が以前に受講したあるセミナーの講師の社労士は、「中小企業には休職制度はいらない。」と語っていました。経済的にも人員的にも余裕がないし、法令にない制度というのはとかく運用が難しく、ひとたび対応を誤るとトラブルに発展する可能性があるからです。
しかし、休職制度がない会社に入りたい労働者っているでしょうか。
「病気になったら、放り出されるのか・・・」となります。そこで、中小企業でも就業規則で休職制度を作っているところは多くあると思います。
私の関与先でも、休職期間を経て、この度復職にこぎつけた事例がでて、休職期間に入る前からずっと相談を受け続けてきました。

詳細は、守秘義務がありますから控えますが、最初はどちらかというと辞めてもらいたいという思いに傾いていた関与先でしたが、個別の事情からトラブルの「匂い」を感じた私は、様々な必要文書の作成をすることや、最新の知識と情報を提供して、トラブルの「芽」を摘むようにアドバイスしました。私の意見書を読んでいただく、訪問、メール、電話等を重ね、丁寧に情報を提供して、会社のやっていいこと、悪いことについて考えを述べてきました。
関与先も「人材として活かせれば一番いいですよね」というように変わってきました。
労働時間に配慮するスケジュールも積極的に考えてくれました。
私の作った復職にあたっての合意書についても、ご本人に、納得して署名していただけて、会社の配慮に対して感謝のお言葉もあったという連絡をいただき、ひとまずよかったなと思いました。
社労士が労務管理の指導をする場合、トラブルの「芽」を敏感に感じとり対応していくことが大事だと私は考えています。
最近は、ネットで様々な情報が得られますし、労働者側が納得しないと会社外の弁護士や労組等に問題が持ち込まれることがあり、そうなると会社側も対応に大変なエネルギーを使うことになります。会社内のことは会社内で解決すること。そこに社労士の存在意義があるのだと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する