FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

平常心は難しい

このところ、ニュースはテニスの錦織選手の話題一色、全米オープン準優勝という素晴らしい快挙ですし、さわやかな雰囲気のナイスガイですからメディアが飛びつくのも無理ないなと思います。
インタビューで、本人が語っていたところによると、準決勝までは快進撃でしたが決勝の前は息苦しいような感じがして眠れなかったとか、試合中もいつもどおりの自分のテニスができなかったそうです。やはり、大一番を前にするとなかなか平常心ではいられないものなのですね。
わずかなメンタル面の緊張がどうしてもプレーを狂わせてしまうらしく、本当に本人は悔しかっただろうなと思います。
こういうスポーツのビッグニュースがあると、その裏話的なことがたくさん報道されます。そんなニュースも面白く、結構私はそういうニュースが好きだったりします。

ウェアやラケットなどをはじめとして、お菓子メーカーや食品会社もスポンサーになっているということを初めて知りました。
コーチやトレーナー、栄養士などでチームを作って本人をサポートしているそうですから、お金もかかるだろうなと思っていましたが、才能ある人の周りにはたくさんの企業が来てくれるんですね。
お金といえば、13歳からアメリカに留学したそうですが、結構費用がかかったんだろうなと思っていたら、ソニーの元副社長が私財を投じて作ったテニスファンドから年数百万円の奨学金を受けていたということが報道されていました。
国内で4強以内の若い人を支援していて、その後もランキング何位以内などの条件が厳しく、プロになるまでずっと支援を受けたのは錦織選手とあともう一人だけだそうです。
才能ある人を世界に通用するテニスプレーヤーにしたいとの思いでファンドを作ったそうですが、こういうお金の使い方っていいなと思いました。
自分の財産を増やすためのファンドではなく、若い才能ある人を支援するためのファンドを作るのはカッコいいと思います。
才能だけでは、世界のトップにいくことはできず、やはり様々な形で支援する人がいるからこそいけるんだなーと思いました。
そして、そんな才能ある人でも、緊張して自分をだしきれないということがあるんだなーと思いました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する