FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

こりない自民党都議

セクハラやじ問題をうやむやにして幕引きした都議会でしたが、昨日、またしてもセクハラ発言があったと報道されています。
昨日、テレビのニュースで映像を観ましたが、都議会の男女共同参画社会推進議員連盟の会長が、「平場(プライベートの場)では、何故結婚しないの?とか言うよ。」と語り、細かい表現は忘れましたが、自分は何十年も生きてきて(この都議は65歳)男も女も結婚した方が幸せだし、結婚しなきゃだめだというようなことを堂々と主張していました。
こういう人は、前述の議員連盟の会長は即刻罷免した方がよいでしょう。
セクハラの本質を理解していない人に、セクハラ防止措置なども含めて考える議員連盟の会長は務まりません。

議員という公職にありながら、セクハラについて全く無知で勉強もしていないのかとびっくりします。
セクハラに限らず、各種ハラスメントをする加害者側は、相手がどう思うかの想像力が足りない人たちです。この都議は、結婚していない人に何故結婚しないの?というのが当たり前だというような言い方をしていました。
結婚していない人の中には、信念をもってしない人もいるでしょう、そういう人はいちいち説明するのがめんどくさいと思うでしょうし、する気はあるけど良い縁がなくてしょうがなくて結婚しないという人は、言われるのは不快でしょうし、もっと深刻な経済的理由、病気などのやむを得ない理由でしたくてもできない人もいるでしょうし、様々な人がいるのだから、そういう発言をしたときに、不快な思いもする人がいるかもしれない、だから、やめておこうという配慮が働かないとしたら、それこそ、あんた、何十年も生きてきて何見てきたの?と言いたいですね。
都議会、特に自民党は議会をあげて、根本的な「お勉強」をした方がよいでしょう。セクハラやじ発言をうやむやにした経緯からみて、同様な考え方をもっている議員が相当数いるのではないでしょうか。

職業、年齢、性別、出自、その他、その人にくっついているものはすべてとっぱらって、対等な人間として今、目の前にいるその人個人を見る癖をつけておくと、結婚してるとかしてないとか気にならないし、もっと別の話題で話をすることができます。「何故結婚しないの?」という発言の裏側には、自分は結婚しているからしていない人間よりいろいろ経験してるし、上位にいると言いたげな感じを受けました。
人はみな、「人間対人間」というところでは対等です。私はずっとそう思って生きてきました。おっと、そういう自分の価値観を人に押し付けることは慎まないといけませんね。今日はこの辺で失礼します。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する