FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

1件落着にほっとする

関与先で私も今まで経験したことのない事案があり、面談、文書での説明、メールのやりとり、関連文書の作成等、あれこれやりとりをしましたが、概ね私が提案したところに落ち着き、一見落着となりました。
守秘義務はしっかり守りたいので、これ以上書けないのが残念ですが、私もいい経験になりました。
日ごろの勉強が役立ったなと思ったのは、その会社は顧問弁護士さんもいる会社なのですが、私の法律的解釈に間違いがなかったということ、「弁護士さんに確認したら、先生とほぼ同意見でした。」と言われたときには、内心ガッツポーズです。
書籍や判例集で日ごろから勉強していることはいろいろありますが、現実にはそれほどすぐにはそういう事案に当たるとは限りません。
でも、いざ、そんな事案がでてきたときに、知識と情報があればあわてず落ち着いて的確な判断をすることができます。
開業して5年ぐらいまでは、全く知識のない事案についてにわか勉強で対処するということも経験しましたが、まる8年たち、9年目に入った昨今はだいたい知識のある事案が多くなりました。もちろん、現実に経験したことのない事案にあたることはあり、書籍の上の知識と現実のギャップを感じることもままあります。
やはり、単なる知識よりも実際の経験の方が強いなーと思いますが、知識と情報をもってから経験するのと、何もなく経験するのとではやはり自分の受け取るものが違ってくると思います。勉強は大事。法改正もあるし、一に勉強、二に勉強の精神で頑張ろうと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する