FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「街角の年金相談センター」へ行こう

昨日、関与先で年金の話が出て、基本的なことでしたので頭に入ってはいましたが、間違ったら大変だと思い一応自分のiPhoneで検索して確認して事なきを得ましたが、複雑な話になるとすぐには答えられないかもしれないなとちょっぴり冷や汗でした。
そんな中、全国社会保険労務士会連合会から会報が届き、そこに、「街角の年金相談センター」で相談員をしている会員の投稿がありました。
年金の相談というと、年金事務所を思い浮かべる方も多いと思いますが、全国社会保険労務士会連合会で運営している「街角の年金相談センター」というオフィスがあり、年金事務所とも連携を図りながら、研修を受けた社労士が相談員として相談、その他の手続き業務を行っています。(
参照 相談はもちろん無料です)
その投稿を読むと、場所によりけりだとは思いますが、年金事務所に比べて比較的すいているのでじっくりと話をすることができるようです。

年金の問題が何故複雑でわかりにくいかというと、病気で退職したような場合に、健康保険の傷病手当金や場合によっては障害年金、年齢によっては老齢年金、時には雇用保険との関連が出てきて、受給の仕方によっては総受給額が変わってしまうということがあります。
税金関係にも目配りしなくてはいけないので、複雑な事例になるとかなり細かい知識が要求されます。
相談にみえた方が聞きかじりで自分に有利なように誤解しているような場合もあり、丁寧に時間をかけて説明して納得していただくことが大事なようです。
いくつかの事例がでていましたが、一つ、「これは私の知識と違う」という箇所がありましたが、それは、詳しい人に確認するとして、一生懸命相談者に寄り添い誠実に対応している様子がうかがわれました。

その記事には、費用対効果を問われ1ブースあたりの相談件数が示されているけれど、数字だけの評価ではなくお客様の満足度も重要だと書かれていました。
その通りだと思います。社労士会は、是非、そのような所に目を向けて評価をしてほしいと思います。私も、時々埼玉県内のセンターに行っている社労士に、こんな事例があったと教えてもらうときがありますが、とても勉強になります。
こういうことは、もっと大々的に会員にフィードバックしてもいいのではないかなと思いました。
年金については、悩んでいないで専門家に相談することが一番です。
皆様も、是非お近くの「街角の年金相談センター」をご利用ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する