FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

仲間がいる楽しさ

社会保険労務士には「特定社会保険労務士」がいて私も「特定社会保険労務士」として登録しています。
通常の社労士業務に加えて、個別労使紛争解決促進法(個別労働紛争の解決の促進に関する法律)や男女雇用機会均等法(雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律)などに基づく裁判外でのあっせん等で当事者の代理人として活動できます。
「特定社会保険労務士」になるためには、社労士として登録した後、60時間余りの研修を受けてから国家試験を受けて合格して、登録をすればなれます。
この研修の中にはグループ研修があり、10人ぐらいでグループをつくり、想定される労使トラブルの解決法などを討議して勉強して、最後にみんなでリポートをまとめるという課題があります。
土、日、など休日が多かったと思いますが、合計3日ほど顔を会わせてみんなで話し合うので、ある程度、お人柄などもわかってきます。
私の所属したチーム10人は皆さん、とてもお人柄のいい方ばかりで楽しく研修ができました。

みんな、試験に合格することもでき、このままご縁が切れてしまうのもつまらないなと思い、私が呼びかけて飲み会をしたのが最初で、その後、年に1~2回ですが、細く長くご縁が続いています。
研修を受けたのが2007年ですからもう8年です。
10人のうち、一人は遠方でお子さんも小さくてということがあり、最初からいらっしゃらず、途中で一人が退会してということがあり、現在8人ですが、先日8人全員がそろって顔を会わせて飲んで食べて楽しいひとときを過ごしました。
メンバーみんなが「この飲み会は、ホント楽しい」と言ってくれて、それぞれ近況報告をして楽しく3時間ほど過ごしました。
お店の人にシャッターを押してもらって、みんなで写真を撮りましたが、これがまたほんとにみんないい笑顔で、毎度日程調整からお店の予約から幹事役をやっている私としては、良かったなーと思うのです。
しかも、皆さん「鈴木さんのお蔭でいつも楽しい」「鈴木さんがいるから続いているんだよねー」と感謝のお言葉をくださるんですよ。
「死ぬまで続けましょう!」なんて調子にのっちゃう私でした。

社労士にはユニークな前歴や華やかな前歴を持つ方がいますが、このチームもそれぞれ個性あふれていて現在の仕事ぶりもみんないろいろです。その道のスペシャリストもいるので、困ったときには教えてもらおうと思っています。実際、チーム内のメンバー間では、相談したりされたりがあるみたいで、そういう仲間がいるのは自分にとってとてもうれしいことです。
たまたまのんべえがそろっていたということもあるのかなと思いますが、せっかくできたご縁をこれからも大切につなげていきたいと思います。そういえば、この会の名前「〇〇〇会」というんですよ。ぴったりだと思いつつ、メンバーに感謝しつつ写真を眺めています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する