FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

わかりやすく読みやすく書くということ

私の所属する社労士会研究会で作成する原稿を掲載していただいている出版社から依頼を受けて、今、私を含む3人でチームを作ってパートタイマーに関する雇用管理について、事業主さんにわかりやすく伝えられるような小冊子の作成にとりかかっています。
A5版で50頁余りのQ&A形式ですから、本当に「小冊子」というのがぴったりです。
最初、私にご依頼がありましたが、私がリーダーという立場にあることから一人で受けてしまうのは、リーダーの立場を利用して仕事を独占しているというような疑念を持たれる可能性もあり、それはしたくないとの思いから執筆者を公募しました。
多少の条件をつけたせいか応募者がなく、私の方で2名の方にお願いしてチーム編成にご協力いただきました。
また、最終的に校閲も担当していただける方も1名お願いしたのですが、私としては考えられる限りの最強のメンバー編成ができたと自負しているような素晴らしい方たちです。

パートタイマーの雇用管理で雇い入れから退職までの間に事業主さんが最低限知っておくべきことって、こんな感じかなと私がQ&Aのたたき台を作り、3人で手分けして書くことになり、来月末の締切目指して各自執筆中なのですが、依頼主のご希望は「わかりやすく、読みやすく、見やすい」というものです。
当ブログでも何回か書いていますが、パートタイム労働法は条文を読んでみると結構わかりにくい、迷宮的?な法律です。
まず、適用対象者のところからして、通常の労働者の一週間の所定労働時間に比し短い労働者であるため、正社員でなくてもフルタイムで働く労働者は会社で「パート」と呼ばれていても対象外ですし、正社員のいないような、社長の他は全員がパートタイマーなどという職場では、「通常の労働者」が誰になるのかわからないという問題もでてきます。
これは厚生労働省から指針が出てはいるのですが、説明するのはなかなか難しいです。

短時間労働者の待遇の原則という条文もあり、「当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるものであってはならない」と書いてありますが、そもそも「不合理でない」と「合理的である」というのに違いがあるのだろうか。これは違いがあるらしく、ある人から「不合理であってはならない」とした方が「合理的でなければならない」とするより若干弱い感じになるというようなことを聞いたのですが、私には究極のところまで理解することができませんでした。
その他にも「職務内容同一短時間労働者」という文言もあり、わかったようでいてわからない部分もあります。
私としては、依頼主のご要望をかなえるためには、文字をずらずら書くのではなく図表や作図などを使い、視覚的にぱっと見てわかるようなものを作成するのがよいと考えていますが、そうすると、「正確さ」は多少犠牲にせざるを得ない、という弊害も出てきて、結構悩むところです。
でも、難しい法律論などは読み手も望んでいないはずですし、間違ったことをかかないようにして、ざっくりでも理解していただければいいのでは?という議論をメンバーともしているところです。
「わかりやすく読みやすく見やすく」の命題に対するチャレンジ、私にとっては楽しくやりがいのある仕事だと思ってやっております。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する