FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

厚労省が労働法を知らせる漫画作成

若い人たちがブラックバイトやブラック企業の餌食?になっていることから、厚生労働省では知っておくべき労働法の知識をマンガにして発表しました。(参照)
一読してみましたが、働き始めるときには契約書を文書でかわすとか、内定取り消しは正当な理由なくしてできないとか、途中で同意なくして賃金を下げることはできないなど、知らないでいるとそうなってしまいそうな事項がわかりやすく説明されていて、よくできていると思いました。
多分、実際の相談事例などから考えて作られたのだと思いますが、仕事中のけが等について知識がないと労災として治療しなかったりすることもあるのかなと思い、労働法の知識は働く前に必要な知識だなと思います。
私も大昔、会社員だったときがありましたが全く知識がなかったなと思います。
高校生ぐらいできちんと教えておくべきことなんだろうなと思います。

せっかく作ってよくできているのですから、厚労省は大いにアピールして活用してほしいと思います。
若い人たちに大事なのは、困ったときや何か変と思ったときには一人で悩まないで必ずしかるべき機関に相談していただくということでしょうか。
このマンガの中にも相談機関が書いてあります。
労働局など公的な機関は当然ですが、弁護士会で運営している法テラスが書いてあるのに、社労士会の社の字もないのはとても残念です。
法テラスにいる弁護士が必ずしも労働法に詳しいかというとそうでもないこともあり、労働法関連の知識はよく勉強している社労士なら普通の弁護士よりずっとあると私は思います。
残念だなと思いますが、厚労省が作成しているのに何故なのかなーと思います。
各都道府県社労士会で行っている無料の相談が使い勝手があまりよくないことなど、厚労省はわかっているから掲載しなかったのかなとも思いますが、そんなこともないでしょうから、やはり業界全体のアピールが足りないのかなと思います。

社労士が労務管理の専門家で、労働法の知識もあるということについては、すべての社労士がそうかというと法律条文をろくに読まない人も確かにいるので、難しいところではあります。
業界全体で研さんを積んでいく必要もあるのだろうと思いますし、各都道府県社労士会で運営している総合労働相談も予約なしで電話で気軽にできるようにするとか、土・日、平日の夜などの時間帯も考えてみるとか、いろいろ努力すべきことはあるんだろうなと考えますが、私のような末端平会員にはわからないこともきっとあるんでしょう。
若い皆様は、働く前に是非このまんがを一読して、「困ったときは相談」を忘れないでいてください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する