FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

総会の季節です

4月から5月にかけては、総会の季節ですね。


私の住んでいるマンション、事務所のあるマンション、社労士会の支部、等、等、総会の案内が届きます。


普通、総会というのは、その団体に属する構成員全員に出席の資格が与えられ、もちろん等しく意見を言えるもの、でも、ほとんどの人は出席しないで、委任状を出して(それすら出さない人もいる)終わりにするもの、そんなイメージを抱いていました。


私の夫は、自分の専門の勉強のためにある学会に所属していますが、その学会の総会などは、委任状さえ集まらず定足数に足りなくなるので、委任状を出してくださいというメールやFAXがきたりするそうです。

社労士会の総会はというと、支部は会員全員に出席の機会が与えられますが、県会の総会はそうではないのでちょっと驚いています。


各支部から9人の代議員を選出して、その人たちに発言の機会が与えられます。どうしても発言したければ代議員に名乗りでればよいわけですが、普通の総会のイメージと違うので、最初「へえーっ」と思いました。


先日の研究会に出席した帰りの懇親会で、その話が出たのですが、結局、普通の総会形式にすると出席する人が極端に少なくてそうなったのではないかということでした。確かに先月の支部の例会で、代議員を決めましたが、立候補した人は数人で残りは指名されていました。多分前もって頼んでいた雰囲気でしたが。


その研究会のメンバーは、いろいろな支部から来ていますが、それぞれの支部の理事などを務めている人が多いです。登録制で仕事をしているのだから属している支部の活動について無関心なのはおかしいという意見です。


私もそう思うので、登録してから欠かさず例会に出席しています。気がついたことは、だいたいいつも同じ人が出席しているということです。来ない人は全く来ない、来る人はまめに来るという感じですね。平日の昼間なので勤務の方などは仕方ないかなとも思いますし、逆にみんなが来たら会場の確保も大変になるという心配もありますが。


独立開業なのですから、自分は自分で関係なくやりますという考え方をする人もいるようですが、社労士会に登録しない限り社労士として活動ができないのですから、やはり関係ないとは言い切れないですよね。


自分ひとりだけではなく、業界全体が少しでも良くなるように考えるということが大切だと思います。少なくとも私はそういう姿勢で活動していきたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する