FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

ブログを始める(3)

今日、私が以前ご挨拶に伺った商工会議所の方からお電話をいただきました。


来月下旬に地元の企業や一般の方を対象にした労務、年金等の相談会に来てほしいという仕事の依頼でした。他の社労士さんとの関係などお尋ねすると、だいたい交替に依頼しているので、できればやっていただきたいとのことでしたので、お引き受けすることにしました。私にとって「仕事の依頼第1号」です。不安もありますが、一般の方にわかりやすく法律をお話するという私の目標にかなう仕事だと思うので、頑張りたいです。


さて、昨日の続きです。

「おばさん社労士」が決まり、あとは、検索でヒットするような言葉といったら「開業」かなあと思い「おばさん社労士開業記」とすることにしました。それに、これから開業を考えている方や開業を迷っている方の参考にしていただきたいとの思いもありました。また、「おばさん社労士」というとっつきやすいネーミングで、社労士に関係のない方にも社労士について知っていただければうれしいなという思いもありました。


ブログの内容については、開業前後のいきさつや日々の雑感ということで、書くことはたくさんあるように思いました。


ただ、どのような形式で書くかは、ちょっと考えました。


ネット上にあふれるたくさんのブログの多くは、映像をふんだんに使ったり、文章の量は少なめでしゃべり言葉を多用しているように思います。私が読んでも思わず「クスッ」と笑ってしまうようなものもあります。


ブログというのは自由な表現の場だと思いますので、「おもしろ、おかしく、楽しく」で軽く読めるものを否定するつもりはありません。私はそういうブログではなく「書く」ということに重点を置いたものにしたいと思いました。「おもしろ、おかしい」「キャーキャー、ミャーミャー」したブログではなく、どうせ「書く」なら読んでいただいた方に何かを考えていただけるようなものになればうれしいなと思いました。いわぱ、「軽い、楽しい」ブログに対するアンチ・テーゼというとちょっとオーバーなのですが、そんな思いをちょっと持っています。


ですから、私のブログを見て、「ごちゃごちゃ書いててつまんない」とか「字が多くて見ずらい」と思う方には、私のブログは向いてないと思います。ごめんなさいです。


私の書くことが、何かを考えるためのきっかけになるようなことがあればうれしいなと思い、ブログを始めた次第です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する