FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

私にもマイナンバーがきた

11月中にマイナンバーの通知があるということでしたが、私は、昼間は事務所にきてしまい自宅にはいないので、郵便局の不在配達のお知らせがあるんだろうなと今月に入ってからずっと注意してきましたが、先週の金曜日にようやくそれが入っていました。
普通の不在票と違って、マイナンバーの配達と書かれていて、すぐにマイナンバーの配達があったことがわかるようになっていました。
再配達のお願いをする電話番号に電話をして、音声ガイドに従いあれこれ電話機のボタンを押して、ようやく昨日の夜受け取ることができました。
音声ガイドによる案内の操作は結構面倒です。耳の遠いお年寄りなどは大変ではないかなと思いましたが、それよりも前に不達となり戻っているものが予想外に多いということが報道されています。

この制度大丈夫なのかねーという声は私の周りからも聞こえてきます。
国民総番号制と言っても、その番号が受け取れない人がいると制度は根底から崩れてしまいます。
企業関係者は、自ら従業員の番号の提供を受けて税金、社会保険、雇用保険などの関係書類を作りますから、従業員にもかなり前からアナウンスして必ず受け取り、会社に番号を教えてほしいと言っているはずですので、とりあえず、正社員として勤めている人たちは番号を受け取るでしょう。
また、そうでなくてもニュース等を普通に目にしている人たちは多分受け取るのではないかと思いますが、そういうことにうとい人もいるので、なかなか全国民にいきわたるまでは時間がかかりそうです。
かくいう私も、昨日、通知を受け取って中身を確かめましたが、肝心の自分の番号はろくに見ていません。
番号カードは作ろうとは思いますが、まあ、そのうちゆっくりでいいかなとも思い、とりあえず、封筒ごと机にしまってしまいました。
この記事を書きつつ、ちゃんと番号を見るべきだったと思いましたが、昨日はちょうど帰宅してすぐの忙しい時間帯だったためもあります。
今晩、帰ったらゆっくり私の番号を確認しようと思います。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する